自然や歴史豊かな、世界遺産登録による注目が集まる長崎県で国内初!キャンピングカーによるラクラク移住先探し(ニュースレター)

PR TIMES / 2015年8月28日 13時11分

~地元市町や先輩移住者と連携して一人ひとりの希望に合った「移住先探しメニュー」をご提供~

長崎県は、最重要課題のひとつとなっている『人口減少対策』において、長崎県へのUIターン促進のため、地域住民との交流を通して県への移住を促進する、国内初のキャンピングカーを活用した「ラクラク移住先探し」を、8月1日から開始しました。



長崎県への移住に関心がある県外在住の方が対象で、ご希望に応じた移住先探しメニューを、各市町や地域と 連携しながら組み合わせご提供します。メニューは、市町担当者や先輩移住者などへの移住相談、住環境の現地案内、産業体験、宿泊体験など16項目からお選びいただけます。(※地域によって実施可能状況が異なります。)また、軽キャンピングカーレンタル料を、体験いただくメニューの数に応じて値引きします。このほか、長崎県への移住に関心がある方に対し、各種割引や特典サービスを提供する無料会員制度「ながさき移住倶楽部」(8月1日サービス開始)など、新たな施策を順次展開しております。
[画像1: http://prtimes.jp/i/15182/1/resize/d15182-1-396924-6.jpg ]



■導入の背景
移住希望者は、実際に海や山などの自然を感じながらいくつかの場所で「お試し暮らし」をした上で移住先を決定する方が多いのですが、長崎県と市町による移住促進に向けた取組の中で、「住んでみたいところに『お試し住宅』がない」という声があったことから、公共交通機関や宿泊施設が少ない地域においても、スムーズな移住先探しができるようキャンピングカーを低料金で貸し出し、市町との連携による「移住先探しメニュー」を提供することにより、県外からの移住促進を図ります。

■施策の3つのポイント
対象:長崎県への移住に関心がある県外在住の方
レンタル料:1日8,000円 最大3,000円まで値引
内容:地元市町や先輩移住者と連携して「移住先探しメニュー」をご提供

※キャンピングカーご利用の条件・・・
・長崎県への移住に関心がある県外在住の方
・移住先探しメニューのうち、「移住相談」を1回以上かつ「現地案内」を1箇所以上
詳細はこちら: https://www.pref.nagasaki.jp/inaka/camping_car/


【ご参考】
■車輛装備
コンパクトな軽キャンピングカー
車種:インディ727
定員:4人(お子様を含む)
装備:シャワー付きシンク、カーナビ、テレビ、電気ポット、サブバッテリー
[画像2: http://prtimes.jp/i/15182/1/resize/d15182-1-171726-7.jpg ]

[画像3: http://prtimes.jp/i/15182/1/resize/d15182-1-338966-0.jpg ]



■キャンピングカーによるラクラク移住先探し イメージ
【1日目】(A市)
移住相談 → 空き家の見学 → お試し住宅の見学 → 医療機関の見学 → 学校の見学 → フリータイム →先輩移住者との交流→車中泊
[画像4: http://prtimes.jp/i/15182/1/resize/d15182-1-589622-2.jpg ]

【2日目】(B町)
移住相談 → 住宅用地の見学 → スーパーで品揃え&価格チェック(B町内) → 住宅用地見学 → 農業体験 → 漁業体験 →窯業体験

[画像5: http://prtimes.jp/i/15182/1/resize/d15182-1-717933-3.jpg ]



■移住先探しメニュー一覧

[画像6: http://prtimes.jp/i/15182/1/resize/d15182-1-588804-4.jpg ]



■ご利用のステップ
▼Step1 予約
まずはじめに、長崎県企画振興部地域づくり推進課にお電話ください。
※長崎県庁からレンタカー会社に予約を入れます。
※多くの方にご利用いただくため、レンタル期間は概ね1週間以内とさせていただきます。

長崎県企画振興部地域づくり推進課
電話 095-895-2241(直通)
FAX 095-895-2559
inakagurashi@pref.nagasaki.lg.jp
※土日祝日はFAXまたはメールでお願いします。



▼Step2 移住先探しメニューを盛り込んだ行程案づくり
1.予約ができ次第、長崎県庁の担当者からご連絡しますので、「行ってみたい市町や地域」「体験したい移住先探しメニュー」を教えてください。

各市町の移住先探しメニュー
https://www.pref.nagasaki.jp/inaka/camping_car/menu.pdf

2.お伺いしたご希望を踏まえ、長崎県庁の担当者と地元市役所(町役場)の担当者が行程案を作成し、レンタル料の見積とともに、お客様にお送りします。

<キャンピングカーご利用の条件>
次のすべての条件を満たすことが必要です。
・長崎県への移住に関心がある県外在住の方
・移住先探しメニューのうち、「移住相談」を1回以上、かつ「案内」を1箇所以上利用すること

<レンタル料>
基本料金:1日あたり8,000円(税込)
体験する移住先探しメニューが2件を超えるごとに、1件あたり1,000円値引きし、最大3,000円まで値引き(レンタル期間中はすべて値引き後の単価を適用)



▼Step3 移住先探しメニューと行程の決定
1.長崎県庁から送られた行程案の内容を確認してください。
2.特に問題がなければ、行程を確定させていただきます。※変更・追加のご希望がある場合は、再度調整します。



▼Step4 キャンピングカーの受取
1.長崎空港またはJR主要駅(長崎駅、佐世保駅、諫早駅)までお越しください。
レンタカー会社の担当者がお迎えに参ります。
2.最寄の営業所でキャンピングカーを引き渡します。その際に、レンタル料のお支払いをお願いします。



▼Step5 キャンピングカーで移住先探し
1.行程表をもとに、長崎県内の各地域をめぐってください。
2.移住先探しメニューを利用したあとは、行程表に担当者のサインまたは印鑑をもらってください。



▼Step6 キャンピングカーの返却
1.最寄の営業所でキャンピングカーを返却してください。※ガソリンは満タンにしておいてください。
2.返却の際に、アンケートと行程表(各担当者のサインまたは印鑑があるもの)を提出してください。
3.最寄の空港または駅までお送りします。


■「ながさき移住倶楽部」について
現在県外にお住まいの方で、長崎県への移住に関心がある方に対し、移住に関する最新情報をお届けするとともに、各種割引や特典サービスを提供する無料会員制度です。
詳細はこちら: https://www.pref.nagasaki.jp/inaka/ijyu_club/

【特典1.】レンタル基本料金20%OFF
協力レンタカー会社(ながさき移住応援隊) ・・・
Jネットレンタカー/トヨタレンタリース/オリックスレンタカー/タイムズカーレンタル ※長崎県内の店舗のみ

【特典2.】宿泊施設での割引・サービス
特典例:宿泊料5%~20%割引、朝食サービス、飲み物サービス など
協力宿泊施設(ながさき移住応援隊)・・・長崎県内の24旅館・ホテル

【特典3.】長崎県への引越基本料金20%~25%OFF ※年度末・年度初めを除く。
協力引越会社(ながさき移住応援隊)・・・サカイ引越センター/ヤマトホームコンビニエンス/日本通運

さらに 移住に関する最新情報をお届け
・ながさき田舎暮らしマガジン「ながさき移住のススメ」をプレゼント
・「ながさき田舎暮らしメールニュース」を登録・配信
・移住相談会の開催情報をお届け

■快適・安全・安心で暮らしやすい長崎県
[画像7: http://prtimes.jp/i/15182/1/resize/d15182-1-490819-1.jpg ]



真夏日と冬日以外の日数(30年平均) ・・・ 全国 5位(気象庁HP資料・S56-H22)
空気のきれいさ         ・・・ 全国 1位※一般環境大気測定局測定結果基準達成率(環境省「H25一般環境大気測定局結果報告」)
犯罪発生率 ・・・ 少ない方から 3位※人口10万人あたり刑法犯認知件数(H26)
地震発生率 ・・・ 少ない方から 6位※県庁所在地で30年以内に震度6以上の揺れ(H26地震調査研究推進本部事務局資料)
病院数(人口10万人比) ・・・ 全国 8位
診療所数(人口10万人比) ・・・ 全国 3位
医師数(人口10万人比) ・・・ 全国 8位(厚生労働省「H25医療施設調査」「H24医師・歯科医師・薬剤師調査」)

※長崎県の暮らしやすさ指標(2015年7月 長崎県 県民生活部 統計課)
[画像8: http://prtimes.jp/i/15182/1/resize/d15182-1-791437-5.jpg ]



区分毎にみると 「4.学びやすいまち」 「7.高齢者にやさしいまち」 「9.健康に暮らせるまち」 「5.子育てしやすいまち」 「10.安全で安心できるまち」 などが全国上位(=暮らしやすい)である。個別指標では全国1位、2位といった指標は少ないが、総合的には暮らしやすい。


○『長崎県の暮らしやすさ』を公表されている統計データ等を用いて、全国と比較
○『長崎県の暮らしやすさ指標』は、過去に国が作成した「暮らしの改革指数」を参考にしたほか、「暮らしやすさ」という言葉から連想されるキーワードに対応し、全国比較ができる統計指標から構成。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング