【ビアフェスタより】街のレストラン・バー向けクラフトビールメニュー提案・集客サービス開始のお知らせ

PR TIMES / 2018年8月3日 10時1分

創業以来初の、(個人対象)先着100名限定入会キャンペーンも実施

株式会社ビアフェスタ(港区、代表取締役社長・宮本健)は新規事業として、メニュー選びに頭を悩ませる小規模レストランやバーを想定した法人顧客向けサービスを開始いたします。



 クラフトビールの頒布会サービス「ビアフェスタ」は創業以来12年以上にわたり、個人の会員様を対象とし、全国の選りすぐりの地ビール醸造所の中から毎月1ヶ所を選定してお送りするサービスを行ってきました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/29492/1/resize/d29492-1-465008-1.jpg ]


 縁遠い地域の美味しいクラフトビールが月替わりで楽しめることに加え、醸造所からできたての新鮮なビールが直送されるために酵母が生きたままの深い味わいを割安で楽しめることも支持されてきました。

 このたび開始した法人顧客向けサービスにおいては、10口以上ご契約いただいた場合に会費を5%ディスカウントし、加えて、ビール愛好家からのアクセスの多い「ビアフェスタ」サイトにおいて新規会員法人様(店舗)をご紹介することで集客のサポートをするプランとなっております。ビアフェスタではこのたび本サービスを拡販するにあたり、新規部隊を設置して取り組みます。

【先着100名、入会キャンペーン 】
法人向けサービスの開始を記念し、個人のお客様を対象として、初月1000円(通常、月3600円)、先着100名限定の入会キャンペーンを実施いたします。サービス開始以来初めてのディスカウントキャンペーンの実施となります。
[画像2: https://prtimes.jp/i/29492/1/resize/d29492-1-132575-0.jpg ]


【参考;クラフトビール市場 】
人口動態の変化、アルコール離れなどの嗜好の変化により日本のビール市場は10年以上にわたり下落を続け、さらに近年では酒税の改定などにより更なる逆風が吹いています。一方で。クラフトビールの市場はビール市場全体において割合は小さいものの、出荷量は過去5年で3倍以上となっており、希少な有望市場となっております。

【株式会社ビアフェスタ 会社概要 】
[代表取締役] 宮本健
[設立] 2017年5月 (サービスは2006年よりスタート)
[資本金] 700万円
[事業内容] クラフトビールの販売
[URL]  http://www.beerfesta.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング