ニュートンプロジェクト創始者、Newton Meetup Beijing Phase IIにて、今後の計画と2018年目標を発表

PR TIMES / 2018年8月1日 11時1分

ニュートンのプロジェクトファウンダーである徐继哲は、北京で開かれたNewton Meetup Beijing Phase IIにて、現在の経済モデルについてと、ニュートンの今後について発表しました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/36354/1/resize/d36354-1-889747-0.jpg ]

Newton FOUNDATION LTD.(以下 ニュートン)のプロジェクトファウンダーである徐继哲は、Newton Meetup Beijing Phase II(ニュートン北京)の講演会にて、現在の経済モデルは、ほとんどの人は少数の個人にのみ恩恵をもたらすものであると指摘し、ニュートンが構築したい新しい経済モデルは、全ての人へ向けてのものであり、誰もが利益を得ることができることを目的としていると述べました。

今回の講演会にはニュートンのエンジェル投資家と蘭亭電位の共同創設者、劉氏、ニュートンコンサルタント、ニュートンコンサルタントとビットコイン大使リー・ウィルソンらも出席しています。

ニュートンとは何か

社名「Newton」の名は、偉大な科学者アイザック・ニュートンから由来しています。
ニュートンは、プロジェクトの初めから明確なアプリケーションシナリオを持っています。現在のビジネスの多くは、ビジネスエコロジーに貢献するほとんどの人が、利益を享受していません。ニュートンが解決する問題は、コストと効率ではなくインセンティブの問題です。

ニュートンは、インターネットの発展とともに、小売店や卸売ラインなどの市販の進化のパスをまとめることができると考えています。
コスト削減と効率向上に基づいて、チェーンオペレーターは大規模な独占を避け、誰にも利益をもたらす経済モデルを構築することができます。

ユーザの生成データはユーザに属し、ユーザに利益をもたらすべきである

現在の電子商取引プラットフォームでは、閲覧行動、累積支払行動などのプライバシーさえも収集され、流出するという状況にあります。ユーザはデータの所有権を失い、データはプラットフォームの資産になり、ユーザはその過程でわずかな利便性しか享受できません。これは、現在のビジネスモデルの欠点の現れでもあります。
ブロックチェーンの登場により、データは資産になります。
ブロックチェーンテクノロジーを使用することは、ブロックチェーンの世界にいるすべての人の利益のためであるの前提条件です。

データへの権利は経済的繁栄をもたらす
ビットコインとブロックチェーンの出現後、我々はまずその数の妥当性を実感しました正しいデータを使用することで、新しい経済モデルを引き起こすことが可能です。ニュートン・パスは経済モデルとビジネス経済モデルを設計しています。
ニュートンは明確なポジションを持つ、ビジネス指向の公開チェーンを持っています。すべての業界では、このような事業、例えば、調達、倉庫、運営、顧客サービス、物流、金融和解など、そのユニークな特性を持ち、独自の社会的ニーズを持っています。

また、ニュートンはこの技術を商用アプリケーションに最適化し、技術は3つの層に分かれています。最上位層は、DAPP、ウォレットまたはモールのカテゴリ、保険または金融貸出などのさまざまなアプリケーション層です。中間層は、7つのモジュールを含むスーパー交換プロトコルです。このプロトコルに基づいて、アプリケーションを簡単に開発することができます。この契約には、NewChain、NewNet、Atomic Hash、NewIoT、DAIを含む5つの基本的なアプリケーションがあります。

取引データはNewチェーンに保存され、製品イメージやビデオなどのビッグデータはNew Netに保存されます。 NewNetは分散型ネットワークで、このソフトウェアを実行するためのサーバーを提供します。

ビジネスの観点から、ニュートンは中小企業の持っている多くの商品をチャンネル上で販売することができます。NewMallが、無料のトラフィックを提供することで、取引コストを削減します。中規模の売り手は独立したブランドを別のモールを開発してNewton Super Exchange Agreementを実行することができます。

NewChainに基づいて、エコシステムを構築し、独自の許可証を発行してパスカードを固定します。NEWの値に設定すると、マルチレベルのエコシステムを作り出すことができます。

技術は社会に役立つはずです
2018年は、ブロックチェーンの商業化の初年度であるブロックチェーン技術の転換点になるでしょう。
ニュートンが開発しているNewChainは、TPSが商用アプリケーションをサポートするための要件を満たすことが確認されています。この場合、技術を商品化する必要があります。ニュートンのプロジェクトは密接に私たちの実生活にリンクされ、ブロックのアイデアと技術のチェーンだけでなく、他の技術にも実際に使用されています。

ニュートンは狭義のブロックチェーンプロジェクトではありません。新たなビジネスを構築するために、オペレーティングシステム、データベース、ハードウェアと、電子商取引、実際には、ビジネスの究極の価値が稼働してサポートすることができます。

ニュートンの顧客基盤は異なる
1999年に、「インターネットがいつ」できたかを説明するのと同様に、現在の人々にとって「ブロックチェーンとは何か」を説明することは難しい。今日では、チェーンに乗っている人とそうでない人のタイプはまったく異なります。チェーン上の人々がチェーンにない人々に、ブロックチェーンを説明することは困難です。

このようなポジショニングでは、誰かがプロジェクトを実行する必要があります。多くのブロックチェーンプロジェクトは、依然として同様の方法で運用されています。この点に関して、ニュートンは大きな革新を行い、世界に100のコミュニティノードを作成します。これらのコミュニティノードは、ニュートンのビジョンと使命を実現する組織です。

この組織を構築するために、最も重要なのは証明書の交換です。ニュートンでは、約2週間で第2の交換プロセスを完了します。目標は、ニュートンプロジェクトを真に理解し認識し、プロジェクトを新しいレベルにする、ノードのグローバルコミュニティを作成することです。

グローバルコミュニティノードを構築することは、ニュートンにとって重要なステップです。ニュートンはそれを達成するために3パス交換を設計しました。

ニュートンプロジェクトでは、2回目の交換は6月末に開始され、3回目は約10月に予定されています。以上を踏まえて、第2回目の交換の目的は、交換を包括的に評価するコミュニティノードを作成することです。第1回の交換の目的はチームを作ることであり、第3回の交換はユーザーベースを育成すること…というように、各ステージの目的は異なります。

ニュートンプロジェクトの現在の技術進歩

すべての作業は現在順調に進んでいます。メインチェーンNewChainとウォレットNewPayを開発中です。比較的最適化されたネットワーク条件下では、TPSは約10,000に達することができます。実際の大陸横断の一般的なネットワークでは、TPSは3000~5000で安定しています。 NewIoTプロトタイプの最初のバージョンも完成しました。この10月には、NewChainとNewPayを問題なくリリースできます。この計画に基づき、モールNewMallは12月にリリースされる予定です。

ニュートンプロジェクトの事業進捗

現在、NewMallで購入可能な靴やバッグ、新鮮な輸入ミルクパウダーなどの主流製品をカバーし、NewMallで購入可能なNewMall向けの最初の商業資源が予定されています。 海外のビジネスリソースの統合も議題となり、継続的なコミュニケーションを図っています。

NewtonプロジェクトのためのOutlook

"我々は、100万人のNEWの所有者を構築し、より多くの人々がNEWを保持し、富の成長を楽しむことを願っています。これは今年の核となる目標の1つです。"(徐继哲)

計画が徐々に実現されれば、NewPayは世界で最もクリプトクワリーな財布の1つになる可能性があります。
NewMallが初めて発売されたとき、取引量の増加に伴ってより多くのサプライチェーンが必要となります。取引は、リリースまもなく1,000万件を目指し、来年には、5~10億にまで達すると予想されます。

以上の目標を達成するために、ニュートンの公式チームは 「ニュートングローバル100都市ツアー - 1億人がニュートンを理解できるように計画」を開始しました。中国には既にこの計画に対応しているコミュニティノードがあり、他の地域社会団体との交流を積極的に支援しています。同時に、海外のロンドン、リスボン、シリコンバレー、ソウル、シンガポール、モスクワ、ニューヨーク、東京などの大都市は、地域社会の友人たちに交流会を招待しています。

ニュートンは7月末に最初のニュートン・コミュニティ・ノード・サミットを開催する予定です。(現在、ニュートンを説明できるコミュニティー・エバンジェリストを募っています。)

また、ニュートンは、第4四半期に第1回チェーンビジネスカンファレンスを開催し、伝統的な電子商取引とオフライン小売を結びつけてコミュニケーションを図り、ニュートンのエコシステムに加わることができるようになる予定です。また、後にDAPPの開発を促進し、徐々に生態系全体を改善するためにNewton Developers Conferenceを開催する予定です。

NEWTON FOUNDATION LTD.へのお問合せは下記へ
[画像2: https://prtimes.jp/i/36354/1/resize/d36354-1-953609-1.jpg ]

ニュートン公式ホームページ
https://www.newtonproject.org/



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング