BPOに関するシンクタンク<BPO総研>設立! 第一回BPO総研レポート「国内BPO市場、2022年には8,769億円!様々な業種で深刻化する人手不足をBPOで業務改善」発表

PR TIMES / 2018年8月7日 17時1分

<BPO総研>設立記念『第1回 営業効率150%を実現する最新BPOセミナー』開催2018年9月6日(木) 18:00 ~20:00 @ベルサール新宿グランド

BPOに関するコラムやニュースの配信、トレンドや実態調査を含むマーケットリサーチを行う、BPO総研(事務局:株式会社ヒューネルソリューション内、本社:東京都新宿区)は、BPO業界の研究機関である<BPO総研>の設立を記念して、業界の現状に関するレポートを発表いたしました。これを機に、BPO業界に関するあらゆる調査レポートやリサーチ内容を発表していく予定です。



■BPO総研公式サイト: https://bpo-soken.com/

[画像1: https://prtimes.jp/i/36531/1/resize/d36531-1-235921-0.jpg ]


■第一回レポート「国内BPO市場、2022年には8,769億円!
様々な業種で深刻化する人手不足をBPOで業務改善」

(1)BPOとは
 BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)とはアウトソーシングの一種で、自社の業務プロセスを外部企業に委託することです。通常の人材派遣や業務代行とは異なり、人事や経理といった業務をまるごと経営戦略としてアウトソーシングするのが特徴です。外部の人を使う、特定のタスクを委託するといったことにとどまらず、業務のやり方、使用するシステム、その業務に関わる人材採用といったことまでを外部企業に委託します。
[画像2: https://prtimes.jp/i/36531/1/resize/d36531-1-112055-1.jpg ]

 上図をみても分かる通り、BPOサービスを自社の一部門のように活用することができ、その部門には人材や経営資源を投入する必要がなくなります。その分だけコア業務に集中し、競争力を高めていくことができるようになります。
(参照:IT Koala Navi、【徹底解説】今さら聞けないBPOの基礎知識と業者選定のポイント)


(2)国内BPO市場、2022年には8,769億円!
 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社が実施した「国内BPOサービス市場予測」によると、2017年の同市場は前年比4.7%増の7,346億円となり、2017年~2022年の年間平均成長率は3.6%、2022年の同市場規模は8,769億円と予測しています。2017年の国内BPOサービス市場において、前年比成長率が最も高かったセグメントは人事BPOサービス市場でした。福利厚生の強化を目的とした外部委託への需要に加え、マイナンバー関連のスポット業務なども同市場の拡大に寄与しました。2018年以降、マイナンバー関連業務は落ち着くものの、引き続き福利厚生業務を牽引役として、同市場は好調に推移すると予測しています。
[画像3: https://prtimes.jp/i/36531/1/resize/d36531-1-205219-3.jpg ]

(参照:IDC Japan 株式会社、国内ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)サービス市場)

(3)日本の労働人口の49%の職業がAIやロボットで代替可能に

[画像4: https://prtimes.jp/i/36531/1/resize/d36531-1-764253-2.jpg ]

 様々な業界において人手不足が深刻化している中、最近では人手に代わるAI機能への期待が高まっています。野村総合研究所が、英オックスフォード大学のマイケル A. オズボーン准教授およびカール・ベネディクト・フレイ博士との共同研究によると、国内601種類の職業について、それぞれAIやロボット等で代替される確率を試算したところ、10~20年後に、日本の労働人口の約49%が就いている職業において、代替することが可能との推計結果を発表しています。

 この研究結果において、芸術、歴史学・考古学、哲学・神学など抽象的な概念を整理・創出するための知識が要求される職業、他者との協調や、他者の理解、説得、ネゴシエーション、サービス志向性が求められる職業は、AI等での代替は難しい傾向があります。一方、必ずしも特別の知識・スキルが求められない職業に加え、データの分析や秩序的・体系的操作が求められる職業については、AI等で代替できる可能性が高い傾向があるようです。
(参照:株式会社野村総合研究所、601種の職業ごとに、コンピューター技術による代替確率を試算)

(4)まとめ
 深刻化している慢性的な人手不足に対して、従来のアウトソーシングとは異なり、戦略的にアウトソーシングするBPO。近年AIが話題となるものの、AIでの代替えが難しい職業も多くあるのが現実です。BPOを上手く活用することは、日本経済の発展の一助となるのかもしれません。

 このレポートは、株式会社ヒューネルソリューションが、PR・マーケティングサービスを提供する株式会社ベイニッチ(本社:東京都港区、代表取締役:石川 友夫)の「総研・シンクタンク構築サービス」を活用して、両社共同で、BPO業界の発展のために、調査研究及び広報・広告活動を行うことを目的として設立した「BPO総研」のサービスの一環です。


■<BPO総研>設立記念!
「第1回 営業効率150%を実現する最新BPOセミナー」概要
名称   :『第1回 営業効率150%を実現する最新BPOセミナー』
講演内容 :1.BPO活用の現状と事例紹介
      2.BPO活用、サービス紹介
日付   :2018年9月6日(木)
費用   :無料 ※事前登録制
時間   :受付時間 17:45
主催   :株式会社ヒューネルソリューション
会場   :東京都新宿区西新宿8-17-1 住友不動産新宿グランドタワー 1F・5F
      ベルサール新宿グランド
申込み  : https://bpo-soken.com/event/1816/

■BPO総研とは
「BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)総研」とは、BPOに関するシンクタンクです。現代の企業のあり方として自社の業務プロセスの一部を専門企業に外部委託することで、営業効率アップや、最適化が期待できるとして導入している企業が増えています。「BPO総研」では、BPOに関するニュースの配信、トレンドや実態調査を含むマーケットリサーチ、イベント・セミナー情報を提供し、企業におけるBPO活用に関してのサポートをしてまいります。

■BPO総研 概要
名称  :BPO総研
サイト : https://bpo-soken.com/
事務局 :株式会社ヒューネルソリューション内
事業内容:BPOに関するシンクタンク。業界ニュースの配信、BPO業界の調査・研究等

■会社概要
名称  :株式会社ヒューネルソリューション
所在地 :東京都新宿区北新宿1-5-2 佐藤ビル3F
代表者 :木村朗男
URL  : https://hunelsolution.co.jp/

名称  :株式会社ベイニッチ
所在地 :東京都港区北青山2-7-26 メゾン青山1001
代表者 :代表取締役 石川 友夫
URL  : http://www.baynich.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング