世界初、CO2を食べて育つUCDI水素菌により、脱石油100%の「CO2ポリエチレン」生産が実現へ

PR TIMES / 2019年5月31日 6時40分



 東大発ベンチャー 株式会社CO2資源化研究所(本社:東京都港区、代表取締役/農学博士 湯川英明)は、今回、ポリエチレンの原料となるエタノールを、世界で初めてCO2から製造する特許を取得いたしました。(特許第6485828号)

 ポリエチレンとは、身近にはスーパーのポリ袋や食品トレーなどに使われている原料で、現在はその殆どが石油由来のため、地球にとって大きな課題となっています。これに対し、当社の「CO2ポリエチレン」は脱石油100%で世界初の画期的な素材です。地球の未来の為に、更なる技術開発を加速し、脱石油社会の実現に貢献すべく産業化を図って参ります。

      特許第6485828号
      発明の名称:ヒドロゲノフィラス属細菌形質転換体
      出願番号:特願2018-192926
      出願日:2018年 6月25日
      登録日:2019年3月1日


 当社は、CO2(二酸化炭素)を栄養源として、24 時間で 1 個体が 1600 万個に増殖する「UCDI水素菌」を核に、革新的なバイオ技術を高度に利用し、研究開発と産業化を進めています。(1)Biofeeds(水産養殖などの飼料用動物性たんぱく素材)(2)高機能プロテイン(3)バイオジェット燃料(4)化学品(生分解性プラスティック等)の4事業分野において食糧問題解決と脱石油社会の実現に貢献します。
 なお、本特許は、2018年12月に取得したバイオジェット燃料の原料となるイソブタノール製造特許に続くものです。( http://www.co2.co.jp/pdf/20190227_UCDI_release.pdf

[画像: https://prtimes.jp/i/45163/1/resize/d45163-1-451920-1.jpg ]



【会社概要】

社  名 :株式会社 CO2 資源化研究所  http://www.co2.co.jp
設  立 :2015年8月12日  
資本金/資本準備金:1億6,290万円
本  社 :東京都港区芝5-13-15 芝三田森ビル6階
研究拠点 :本郷リサーチセンター 東京都文京区弥生2-11-16 東京大学工学部12号館4階
経 営 陣:代表取締役社長 湯川 英明 取締役 湯川 智子 執行役員 前田浩 、別府節子
顧  問:最高顧問 兒玉 徹 (東京大学名誉教授)
     特別顧問 永井 和夫(東京工業大学名誉教授) 
     高瀬 光徳(元 森永乳業株式会社常務取締役)
     芳賀 正明(元 日本航空株式会社常務取締役)
     Science Adviser, F. Blaine Metting, Jr., Ph.D.
      Consultant in Microbial Biotechnology & Carbon Sequestration
     Business Strategy Advisor, Dr.Alain Vertès
      Managing Director at NxR Biotechnologies


【主な協力企業・連携機関】

株式会社大林組 
株式会社クリーク·アンド·リバー社
大陽日酸株式会社
パナソニック株式会社
森永乳業株式会社         

近畿大学水産研究所大島実験場 
東京大学大学院農学生命科学研究科 応用生命工学専攻応用微生物学研究室
(五十音順)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング