【遺伝子検査で薄毛治療!?】遺伝によるコンプレックスを抱える全人類必見!遺伝によるコンプレックスは完全にあきらめている方が多い中で、93.8%の人々を出し抜くことができる効果的な対策方法とは!?

PR TIMES / 2019年9月19日 4時40分

独自の遺伝子検査で、あなたに適した育毛剤をお届け

株式会社ダブルヘリックスは、30~60代男性1,110名を対象に、「遺伝」に関する意識調査を実施しました。



皆さんはご自身の体質や性格などで「親からの遺伝だな~・・・」と感じたことはありますか?
遺伝により受け継ぐものは一般的に顔つきや体質、近年の研究では病気やアルコールやタバコなどの依存も遺伝が関係しているといわれています。

特に、多くの男性が悩みを抱えているといわれている「薄毛」に関しては遺伝的要素が強く、「対策をしても無駄・・・」と、考えてしまう方は少なくないでしょう。
「カエルの子はカエル」とはよく言ったものですが、本人次第では「トンビが鷹を生む」といった真逆のことわざに変わることがあるのです。

そこで今回株式会社ダブルヘリックス( https://cp-url.net/onetag/click.php?prid=1886&aspid=TGX)は、30代~60代男性を対象に「遺伝」に関する意識調査を行いました。



男性のみなさん、遺伝による薄毛に悩んでいるのはあなただけではありません!


[画像1: https://prtimes.jp/i/48510/1/resize/d48510-1-802297-0.png ]


まず、「遺伝で受け継いだと思うものを教えてください」と質問したところ、「顔つき」(37.7%)という回答が最も多く、次いで「体質」(26.5%)、「性格」(17.5%)、「体格」(13.4%)と続きます。

「顔つき」は最も分かりやすい遺伝の特徴でしょう。しかし、「体質」は最も遺伝しやすい特性のひとつと言われていますが、皆さんはどのようなものを受け継いだと感じているのでしょうか。

「どのような体質を受け継いだと感じていますか?」と質問したところ、「病気関連」(31.3%)という意見が最も多く、次いで「体毛や薄毛」(24.2%)、「太りやすい・太りにくい」(17.4%)、「運動神経」(13.3%)、「お酒の強さ」(12.2%)と続きます。

男性にとってデリケートな悩みになりやすい体毛や薄毛に関しては、コンプレックスに感じる方も多くいるため受け継ぎたくないという方もいるのではないでしょうか。


受け継いだ遺伝は、全部ひっくるめても受け継ぎたくなかった方が多数!


[画像2: https://prtimes.jp/i/48510/1/resize/d48510-1-827599-1.png ]


また、「誰から受け継いだと感じますか?」という質問に対しては、「父親」(71.0%)を選択している方が圧倒的に多いことから、父親から受け継いだと感じることが多く、「カエルの子はカエル」ということわざに対して説得力が強まった結果となりました。

こうした遺伝に関しては引き継いで良かったものと、引き継ぎたくなかったものがあると思いますが、皆さんはどのように感じているのでしょうか。
「受け継いだ遺伝的な体質は引き継いで良かったと思いますか?思いませんか?」と質問したところ、半数以上の方が「思わない」(51.7%)と回答されました。

もちろん遺伝は本人にとってコンプレックスになり得ることも引き継いでしまうことが多く、そのようなことでの悩みは根が深いことがわかります。



遺伝的悩みに対して対策をしている方は驚きの○○%!?


[画像3: https://prtimes.jp/i/48510/1/resize/d48510-1-733498-2.png ]


上項で触れた「体質」に関して、「体毛や薄毛」はコンプレックスとして悩みを抱えている男性が多くいることがわかりました。

では、その遺伝的悩みに対して、これ以上進行しないように何か対策をしているのでしょうか?
調査をしたところ、9割以上の方が「いいえ」(92.0%)と回答しました。
親からの遺伝においてそれが悩みの種になる場合、「遺伝だから仕方がないんだ・・・」と、全面的にあきらめてしまった方が大変多いことが分かります。



遺伝子検査の認知度と使用率を大公開!


[画像4: https://prtimes.jp/i/48510/1/resize/d48510-1-860533-3.png ]


前述の結果では、遺伝に対して何かしらの悩みを感じていたとしても、もはや対策することすら、あきらめてしまうという方がほとんどでした。
特に、遺伝による自分の体質を正確に知ることは難しく、また、将来起こり得るリスクに備えた対策をすることは困難を極めるでしょう。
そこで近年では、個人向けの遺伝子検査キットが普及し始めており、その人の体質に合った対策や、起こり得るリスクに備えた対策方法など、遺伝子検査によって知ることができるのです。

そこで、「遺伝子検査を知っていますか?」と質問したところ、6割近くの方が「はい」(59.5%)と回答した一方で、「遺伝子検査を経験したことはありますか?」という質問に対しては「いいえ」(93.8%)という回答が9割以上となりました。

実際に遺伝子検査に対するイメージは「何をされるかわからない」、「費用がいくらかかるかわからない」、「知らない方がよかったことが分かるのが怖い」といったマイナスイメージにより、検査を受けるハードルが上がっていることでしょう。

しかし、遺伝子検査を受けることで得られるメリットは「リスクに備えることができること」と、「最適な対策をとることができること」にあります。
検査を受けたことがプラスになることはあっても、決してマイナスになるようなことは無いでしょう。



遺伝子検査からの本物の育毛剤への挑戦!育毛革命【ペルソナ】


[画像5: https://prtimes.jp/i/48510/1/resize/d48510-1-912790-4.jpg ]

【ペルソナ】の詳細はこちら→  https://cp-url.net/onetag/click.php?prid=1886&aspid=TGX
遺伝により、親やその上の世代から特性を引き継ぐことはある意味当然といえます。それが悩みの種となった場合、遺伝的なものとしてあきらめる方は多いでしょう。
しかし、現代では遺伝子検査により最適な対策や治療、将来起こり得るリスクを知ることにより早目の対策を打つことができるなど、悩みを軽減することができます。

「カエルの子はカエル」と言いますが、限界は自分で突破できる可能性があるのです!
希望をもって自分に合った課題対策をしましょう。


■27パターンの遺伝子検査結果に合わせたセミオーダー育毛剤

[画像6: https://prtimes.jp/i/48510/1/resize/d48510-1-764792-5.jpg ]


<AGAリスク><毛髪脆弱リスク><頭皮トラブルリスク>
3種の遺伝子検査結果の組み合わせから、遺伝傾向に応じた成分を配合した育毛剤をお届けします。

6回継続で遺伝子検査費用が無料となるため、6回目までの平均継続率98%と高いですが、7回目~12回目の平均継続率も88%となります。
メーカーが持つエビデンスの信頼感で高い継続率を誇り、その人に合った対策をするため効果を実感しやすくなっています!
検査によって課題にあったケアが可能!


独自の遺伝子検査によって、あなたに最も適した育毛方法をぜひおためしください。


◆株式会社ダブルヘリックス : https://doublehelix.co.jp
◆TEL :050-5278-6543
◆お問い合わせ : https://doublehelix.co.jp/contact/


【調査概要:「遺伝」に関する意識調査】
■調査期間 :2019年8月27日(火)~ 2019年8月28日(水)
■調査方法 :インターネット調査
■調査人数 :1,110人
■調査対象 :30~60代男性
■モニター提供元:ゼネラルリサーチ

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング