国立公文書館 【天皇陛下御即位記念】令和元年秋の特別展「行幸 ―近現代の皇室と国民―」開催中!

PR TIMES / 2019年10月19日 10時55分

~近現代における行幸・行幸啓の歴史を通じて、皇室と国民の関わりを知る~ 

国立公文書館では、天皇陛下の御即位を記念し、11月10日(日)まで、特別展「行幸―近現代の皇室と国民―」を開催しています。 
「行幸(ぎょうこう)」とは天皇が外出されること、「行幸啓(ぎょうこうけい)」とは天皇・皇后がご一緒に外出されること。9月には全国豊かな海づくり大会、国民文化祭、国民体育大会へのご臨席と、3回の地方行幸啓が行われたことから、ニュース等で「行幸啓」という言葉を耳にした方も多いのではないでしょうか。
今回の展示は、当館や関係機関の所蔵資料をもとに、明治以降の行幸・行幸啓の歴史を描いています。 
10月22日の「即位礼正殿の儀」、11月10日の祝賀パレード「祝賀御列の儀」を控える今秋、貴重な資料約60点を通じて皇室と国民の関わりについて理解を深めてみませんか? 

■ 特別展記念講演会(参加無料)
近現代の皇室について、知識を深めることのできる記念講演会を10月26日(土)に大手町 日経ホールにて開催いたします。
詳細・申込方法は国立公文書館ホームページをご覧ください。
http://www.archives.go.jp/exhibition/



[画像1: https://prtimes.jp/i/50098/1/resize/d50098-1-674546-0.jpg ]



【展示概要】
明治維新後、近代化の進展とともに、天皇を中心とする皇室の情報は様々な形で国民に伝えられました。特に、各地で行われる行幸啓は、多くの国民が皇室を身近に感じる機会になりました。その後も、現在に至るまで、行幸啓は皇室と国民を近づける重要な行事として行われる一方、その内容やスタイルは、時代に合わせて変化していきます。
本展では、天皇陛下の御即位を記念し、近現代の行幸啓の歴史と、皇室と国民の関係について、当館所蔵の公文書や関係機関所蔵資料から御紹介します。
 ● 会場 : 国立公文書館 東京本館(東京メトロ東西線竹橋駅下車徒歩5分)
         http://www.archives.go.jp/about/outline/access.html
 ● 入場無料・期間中無休(土日祝日も開館しています)

[画像2: https://prtimes.jp/i/50098/1/resize/d50098-1-327373-1.png ]

【展示構成】
■第1部 近代化と行幸啓
鳥羽伏見の戦いの直後、新政府の参与大久保利通は天皇の大坂行幸と、それに伴う大坂への遷都を提案します。大坂への遷都は受け入れられなかったものの、慶応4年(1867)3月、大坂への行幸が実現、明治天皇は初めて京都の外の地を訪問されました。その後、江戸は東京と改称され、明治2年(1869)、二度目の行幸を経て、天皇は東京に滞在することとなります。



■第2部 大正大礼と関東大震災
明治45年(1912)7月30日、天皇が崩御し、直ちに皇太子嘉仁親王が践祚しました。大正4年(1915)、天皇は京都へ行幸され、京都御所で即位礼と大嘗祭に臨みました。
大正12年9月1日、関東地方南部を震源とする関東大震災が発生しました。摂政の皇太子裕仁親王は、9月2日に成立した山本権兵衛内閣とともに、対応にあたり、震災から間もない時期に、東京、横浜の被災地へ行啓、被災状況を視察しています。それまでの災害では、被災地に天皇の命を受けた勅使が派遣されていましたので、皇族が直接被災地を見舞われるのは、当時は異例のことでした。


[画像3: https://prtimes.jp/i/50098/1/resize/d50098-1-462493-8.png ]



[画像4: https://prtimes.jp/i/50098/1/resize/d50098-1-380321-6.png ]

■第3部 戦災と戦後復興
昭和16年(1941)12月、日本はアメリカを中心とする連合国に宣戦を布告し、第二次世界大戦に参戦しました。昭和20年3月、東京大空襲により、東京は下町を中心に大きな被害を受けました。天皇は、富岡八幡宮へ行幸し、被災地を視察しています。
昭和21年1月1日、「新日本建設ニ関スル詔書」が発せられました。詔書では、敗戦後の困難な状況の中でも、天皇は国民とともにあり、その関係は「終始相互ノ信頼ト敬愛」によって結ばれ、「単ナル神話ト伝説」によるものではないことが述べられています。
その後、同年2月から、昭和天皇による戦後巡幸が開始され、昭和29年までに、当時、米軍の施政権下にあった沖縄を除く、すべての都道府県を行幸されました。

■第4部 平成 ―国民とともに―
昭和64年(1989)1月7日、天皇が崩御、皇太子明仁親王が即位され、元号は平成に改元されました。
平成の時代、天皇皇后両陛下は、国民体育大会、全国植樹祭、全国豊かな海づくり大会といった、各地で行われる行事へ精力的にご臨席されました。また、毎年8月の全国戦没者追悼式をはじめ、さきの大戦における戦没者の慰霊のため、海外を含め、各地へ行幸啓が行われました。平成7年の阪神淡路大震災、同19年の中越沖地震、同23年の東日本大震災など、たびたび起こる災害の際には、常に被災地に心を寄せられ、現地の事情が許し次第、被災地を訪問され、被災者を励ましてこられました。
平成31年4月30日、天皇陛下は御退位され、翌日には上皇となられ、皇太子徳仁親王殿下の御即位とともに、元号は令和と改元されました。天皇陛下は、これまで、上皇陛下が行われてきた御公務を引き継がれるとともに、皇太子時代に行われていた御公務の一部を引き続き行われるなど、新たな時代を迎えています。


【音声ガイド】
[画像5: https://prtimes.jp/i/50098/1/resize/d50098-1-718467-4.jpg ]


皇室関連番組のナレーションに欠かせない元NHKアナウンサーの山根基世さん
落ち着いたわかりやすいナレーションで、近現代における皇室と国民の関わりを、魅力的に解説します。 (貸出料金:200円)
 ●山根基世プロフィール
 1948年 山口県生まれ。
 1971年 NHKに入局。多数の番組、ニュース、ナレーションを担当。
 2005年 女性として初のアナウンス室長。 
 2007年 NHK退職後は、朗読を手掛かりとして「子どものことば」を
 育てることを目的に、地域作りと言葉教育を組み合わせた独自の活動を
 続けている。
 ラジオ、ナレーションの他、今年で5期目となる朗読指導者養成講座を開講、
 2018年からは「声の力を学ぶ連続講座」を主宰。


【オリジナルグッズ】
本展の開催を記念した、オリジナルグッズを発売します。
展示資料をモチーフにした新商品も! 来館の記念に、ぜひお買い求めください。
[画像6: https://prtimes.jp/i/50098/1/resize/d50098-1-574429-12.jpg ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/50098/1/resize/d50098-1-356409-10.jpg ]


【記念講演会】
近現代の皇室について、知識を深めることのできる記念講演会。
講師は、近代日本政治史をご専門とされている御厨貴氏と、
『昭和天皇』などのご著書で知られる古川隆久氏。
改元・即位礼という時代の節目に、必聴! 参加費無料。

 ●日時:令和元年10月26日(土) 13:30~15:40
 ●場所:日経ホール(東京都千代田区大手町1-3-7 日経ビル3F)
 ●定員:600名 ※要事前申込、先着順、定員になり次第締切
   http://www.archives.go.jp/exhibition/

記念講演会に関するお問合せ : 特別記念講演会事務局 
  TEL:03-3485-8572 10:00~18:00(土日祝を除く)



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング