業種を超えた連携が全国各地を盛り上げる 農商工等連携普及・創出事業 共創の日2019 「地域の名産先取りフェア」

PR TIMES / 2019年11月20日 15時35分

~”5団体“連携農商工連携により、”無限大”の地域の可能性を追求、夢の実現を目指す~

 経済産業省中小企業庁が主催し、全国商工会連合会、全国農業協同組合中央会、全国森林組合連合会、全国漁業協同組合連合会、日本商工会議所の5団体連携によるイベント「地域の名産先取りフェア」を、11月22日(金)と23日(土)の2日間、サンシャインシティのサンシャイン広場特設会場にて開催します。農商工等の連携により生まれた、珍しい地域名産品を展示や体験を通して楽しむことができるこのイベントは、地域で開発された商品や取り組みと、一般消費者および流通関係者とを繋ぐ機会を提供します。また12月17日(火)にはヒューリックホール東京において、各団体の連携事例の紹介や、有識者を招いた地方創生や地域活性化をテーマとした基調講演を行うシンポジウムも別途開催します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/51615/1/resize/d51615-1-493407-0.jpg ]

■全国の“ご当地生まれ”商品が東京に集合!
 「地域の名産先取りフェア」には、全国各地から全16ブースが出展。5団体の「共創」により生まれた、東京ではなかなか手に入らない全国各地の特産品が集結します。また、アンケートに回答した来場者には先着で、地域の名産品「黒ごまキャラメル」、「島ごはん」をプレセント。同時開催の「ニッポン全国物産展」と合わせて、サンシャインシティで全国のご当地の「おいしい」を手軽に楽しむことができます。
出展ブース詳細URL: http://kyoso-day2019.jp

■実演販売士による「地域の名産品」紹介イベントも開催!
 フェアで販売されるご当地商品をより来場者に手に取ってもらうべく、ステージイベントではテレビにも出演する実演販売士のジョイフル和田さんが登壇し、フェアで販売される全国各地の特産品の魅力を紹介します。

[画像2: https://prtimes.jp/i/51615/1/resize/d51615-1-332221-1.jpg ]

<ジョイフル和田 プロフィール>
1967年生まれ、茨城県出身の実演販売士。調理器具から生活雑貨や食品など、様々な商品の実演販売を実施。力強い眼力から放たれる販売に対する情熱と商品に対する愛情で、お客様を引き付け、爆発的に売り上げていく独特の販売スタイル(和田スタイル)は必見。





■注目のご当地発!「共創」商品5選
[画像3: https://prtimes.jp/i/51615/1/resize/d51615-1-416038-2.jpg ]

1.スイートレモネード
出展社名 :静岡県 JAなんすん
商品名  :「スイートレモネード」
ふじのくに新商品セレクション2017金賞受賞。沼津市西浦地区で生産しているレモネードから作った飲み物。「すっぱあまい!」爽やかな果実感が特徴です。



[画像4: https://prtimes.jp/i/51615/1/resize/d51615-1-116630-3.jpg ]

2.間伐材マーク製品
出展社名 :東京都 全国森林組合連合会
商品名  :「間伐材マーク製品」
間伐材マークは、間伐や間伐材利用の重要性等を啓蒙し、間伐材を用いた製品を表示するマーク。同マークを通じて、間伐推進の普及啓発及び間伐材の利用促進と消費者の製品選択を図ります。


[画像5: https://prtimes.jp/i/51615/1/resize/d51615-1-163172-4.jpg ]


3. 黒なまこ石鹸
出展社名 :長崎県 大村湾漁業協同組合
商品名  :「黒なまこ石鹸」
長崎県大村湾でとれた黒なまこの成分を長崎大学に依頼し、独自製法で配合。「黒なまこ」には肌の保湿や保護する重要な成分が多く含まれており、肌に潤いを与えながら洗顔することができます。


[画像6: https://prtimes.jp/i/51615/1/resize/d51615-1-957997-5.jpg ]



4.ジェラートバー
出展社名 :栃木県 黒田養蜂園
商品名  :「ジェラートバー」
素材の味を活かすべく、自社養蜂園で採集したはちみつと、厳選した素材で作り上げるジェラートバー。



[画像7: https://prtimes.jp/i/51615/1/resize/d51615-1-389593-6.jpg ]

5.さばコロッケ
出展社名 :和歌山県 日高町商工会
商品名  :「さばコロッケ」
巻き網漁法の発祥の地でもある和歌山県日高町において、昔から漁獲量が多いサバを使ったコロッケを開発。紀伊水道で捕れたサバと、北海道産ジャガイモのコラボ商品です。


■『共創の日』について
全中、全森連、全漁連、全国連、日商の5団体が有機的につながり、共に創造する新しい産業を広めることで、地域の人々が安心して働き、生活することができ、日本全体が元気になるという考えのもと、新しい日本の産業のあり方を目指した考え方「共創」の有識者によるシンポジウムと農林漁業と商工業の「共創」により生まれた特産品の展示・販売を実施するイベントです。

<実施背景・目的>
地方創生を実現するにあたり、地域の様々な産業の発展と所得向上を通じた地域経済の活性化が必要であり、そのためには多くの地域において、業種の枠を超えた民間団体の積極的な相互連携が不可欠となっています。一部の地域では、マーケットインの観点からの地域特産品の開発や、その販路確保の面で成果を挙げている地域もあるため、本イベントを通じて、全国各地の農林漁業・商工業の連携による地方創生の成果を共有するとともに、相互に「学び」「つながる」機会を提供することによって農商工等連携を推進し、今後新たな事業機会を創出し、お互いの成長発展の機会をつくります。

※内容は予告なく変更になる場合があります。

<開催概要>
タイトル :共創の日2019 地域の名産先取りフェア
会期   :〈地域の名産先取りフェア〉 11月22日(金) 10:30-16:00、23日(土)10:00-15:30
会場   :池袋 サンシャインシティ サンシャイン広場特設会場(東京都豊島区東池袋3丁目1番)
共催   :経済産業省 中小企業庁 / 農林水産省 協力:内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局
実施主体 :全国商工会連合会
連携団体 :全国農業協同組合中央会 / 全国森林組合連合会 / 全国漁業協同組合連合会 / 日本商工会議所


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング