人類の未来を虫が救う!? 子どもからおとなまで昆虫食の入門書

PR TIMES / 2020年4月10日 9時45分

昆虫食の図鑑を老舗出版社が刊行

創業74年目を迎える教育の出版社・株式会社新興出版社啓林館(本社・大阪市)は、社内の絵本児童書ブランド・文研出版から、日本初となる昆虫食の図鑑「ホントに食べる? 世界をすくう虫のすべて」を刊行しました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/56152/1/resize/d56152-1-465802-0.jpg ]

2013年に国際連合食糧農業機関(FAO)から昆虫食に関するレポート公開されました。世界の食糧不足改善や温室効果ガス軽減などが示唆されたこのレポートをきっかけに、世界に広く昆虫食が話題になっています。日本でも昨年ごろより虫を使った食品のリリースや昆虫食レストランなどが増えてきています。

なぜ虫を食べることで環境や社会によいことがあるのか。今までどのような形で昆虫は食べられてきたのか。そして、どう食べるのがおいしいのか。さらに、自分で虫をつかまえて調理して食べる方法など、昆虫食の現在・過去・未来がわかりやすく記述されています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/56152/1/resize/d56152-1-411500-11.jpg ]


小学生向けの図鑑でありながら、大人が読んでも十分に昆虫食のムーブメントが理解できる「昆虫食の入門書」。新型コロナウイルスの影響で外出機会が減った小中学生が、家庭で読みやすい1冊でもあります。4月2日より順次、全国書店およびネット書店で発売中です。


【本書の内容】
「ホントに食べる? 世界をすくう虫のすべて」
内山昭一/監修
発行年月/2020年4月
A4判/上製本/128ページ
4色/日本語
定価/本体3,600円+税
小学校中学年~一般向け
ISBN978-4-580-88627-8
NDC 383 / C8045

■第1章:虫は食べられる
FAOレポートを基にした昆虫食の利点と虫の生態を解説。
■第2章:日本のおいしい虫たち
長野県をはじめ全国でこれまでどんな虫がどのように食べられてきたかを紹介。さらに、セミやコオロギ、バッタなどの身近な虫を実際に捕まえて食べてみるそのやり方を解説した食育的パートも。
■第3章:世界のおいしい虫たち
世界の昆虫食を豊富な写真と共に紹介。
■第4章:これからの時代の虫ごはん
最新の昆虫食イベントや昆虫食レストラン、そして最新昆虫食品のルポなど。
※他、全国の昆虫食スポットを可能な限り収録した店舗リストなど、コラムも充実。

●監修者紹介
内山昭一
1950年長野県生まれ。昆虫料理研究家、昆虫料理研究会代表、NPO法人食用昆虫科学研究会理事。幼少から昆虫食に親しみ、99年より本格的に研究活動に入る。どうすれば昆虫をよりおいしく食べられるか、味や食感、栄養をはじめ、あらゆる角度から食材としての可能性を追究する。2013年5月、国連食糧農業機関(FAO)が昆虫食を推奨する報告書を発表して以降、世界中で昆虫食に注目が集まる。こうした気運を受け、代表を務める昆虫料理研究会の活動が大きく広がる。また、日本初の昆虫食を科学的に研究する食用昆虫科学研究会が14年にNPO法人の認可を受け、理事として啓蒙活動を続けている。主な著書に、『楽しい昆虫料理』(ビジネス社)、『昆虫食入門』(平凡社新書)、『食の常識革命! 昆虫を食べてわかったこと』(サイゾー)、共著に『人生が変わる! 特選 昆虫料理50』(山と渓谷社)、監修に『食べられる虫ハンドブック』(自由国民社)等がある。東京都日野市在住。
昆虫料理を楽しもう!昆虫料理研究会ホームページ→ http://insectcuisine.jp/
Twitterアカウント→@insectcuisine

【このリリースに関するお問合せ先】
株式会社新興出版社啓林館
文研出版児童図書部
東京都文京区向丘2-3-10
TEL:03-3814-5185
FAX:03-3814-2159
URL: https://www.shinko-keirin.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング