FILCO Majestouch MINILA-R Convertible発表!最先端Bluetooth 5.1、業界初"パッチキー"標準搭載。USB接続も可能な新世代コンパクトキーボード

PR TIMES / 2020年7月29日 11時40分

Bluetooth5.1(無線)とUSB2.0(有線)に対応、PBT二段構造キーキャップ、フラットデザインを採用する新MINILA

FILCOブランドでメカニカルキーボードを製造・販売しているダイヤテック株式会社(本社:東京都千代田区外神田  https://www.diatec.co.jp/ )は、Bluetooth 5.1接続とUSB接続に対応する無線・有線接続両対応のコンパクトタイプ・メカニカルキーボード"Majestouch MINILA-R Convertible"を2020年8月26日(水)より販売開始いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/62044/1/resize/d62044-1-959511-14.jpg ]


[動画: https://www.youtube.com/watch?v=oi-qE5I6Ke4 ]



【Majestouch MINILA-Rの特長】

Bluetooth最新テクノロジー 5.1搭載
より低い消費電力を達成しながらも、通信速度と安定性がアップしました。

Bluetooth ver5.1 & USB2.0対応
Bluetooth接続可能なデバイスを4台まで、USB接続の機器と併せて最大5台を自在に使い分けられます。

Bluetooth操作を専用ボタンに集約
FNキーとの押し合わせで行う必要があったペアリングやデバイスの切り替え操作を専用ボタンに集約し、全てをワンタッチで操作できるようになりました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/62044/1/resize/d62044-1-749499-16.jpg ]


個性的かつ打ち心地の良い2色成形3色キーキャップ “Patch Keycap”を搭載
Majestouch MINILA-R Convertibleは、新機軸のキーキャップ“Patch Keycap”(通称:パッチキー)を標準搭載しています。スイッチに装着するベース部とキートップ部を別々に成形した二段構造で、意匠性の高いキーキャップです。キー印字部分はPBT製の2色成形なので、印字欠けすることなく使用することが可能です。

コンパクトキーボードに最適化されたキーキャップ構造
キートップは縦列に高低差が無く、中心部分が凹んでいるスフェリカルデザインを採用。指先へのスイッチの反応をダイレクトに感じる事ができます。

キー配列をリニューアル
Majestouch MINILA-R Convertibleは、好評を得ているMajestouch MINILAシリーズのキー配列をさらにブラッシュアップ。より使い易くなりました。
[画像3: https://prtimes.jp/i/62044/1/resize/d62044-1-524867-19.png ]


選べるカラーバリエーション
Majestouch MINILA-R Convertibleは、レギュラーモデルの「Matte Black」と「Sky Gray」のカラーバリエーションをご用意。ダイヤテック公式オンラインショップでは、Matte BlackとSky Gray以外に「ASAGI」と「Camouflage」のバリエーションモデルに加え「キーボード工房モデル」も予定しています。
[画像4: https://prtimes.jp/i/62044/1/resize/d62044-1-200777-17.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/62044/1/resize/d62044-1-560440-18.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/62044/1/resize/d62044-1-233193-12.jpg ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/62044/1/resize/d62044-1-712652-13.jpg ]

製品仕様

[表1: https://prtimes.jp/data/corp/62044/table/1_1.jpg ]



製品情報
https://www.diatec.co.jp/shop/MINILA-R/

スケジュール
製品予約販売開始日時:8月5日(水)AM10:00 ~ 予定
販売開始日時:8月26日(水) AM10:00 ~ 予定

会社案内

[表2: https://prtimes.jp/data/corp/62044/table/1_2.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング