デザインの視点で「沖縄県南城市」の観光ガイドを市民の方々とワークショップ形式で制作し、まちの魅力を発信します

PR TIMES / 2020年9月24日 20時15分

沖縄県南城市市民と『d design travel』編集部(D&DEPARTMENT PROJECT発行)の共同制作プロジェクト始動

沖縄県南部に位置する「南城市」。色鮮やかな海、豊かな緑に恵まれたこの地域は、古来から琉球神話の源であるアマミキヨにより琉球開闢(かいびゃく)の舞台となった土地。「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録されている「斎場御嶽」も南城市の観光名所のひとつです。沖縄県南城市の魅力を発信していくために、市民の方々と観光ガイドを制作するプロジェクトが始まります。



[画像1: https://prtimes.jp/i/66349/1/resize/d66349-1-209772-1.jpg ]

誌面制作は、南城市にゆかりのある24名の市民有志の方々と一緒に進行します。そして、まちの魅力を捉え、伝える上で大切な「第三者の目線」として、全国47都道府県、それぞれの土地の個性やらしさを「デザイン」の視点も加えて選び出し、出版や活動を続けているD&DEPARTMENT PROJECT(本社:東京都世田谷区奥沢)の『d design travel』編集部が、誌面づくりのナビゲーターとして市民参加者と伴走します。誌面制作は3回のワークショップで構成されます。南城市らしい魅力溢れるスポットの選定から、取材について、そして魅力をより伝える文章の書き方や写真の撮影方法など、基本的な編集の方法について学びながら、南城市の魅力について考え、具現化し、参加者それぞれの「伝える技術」を磨いていきます。

第三者の目線も加えて全国的な視野で編集することは、土地の魅力を俯瞰して見るとともに、それぞれの土地に本当に必要なもの、大切に残していきたいものを捉え、流行に惑わされないまちづくりの根を育てることにつながります。プロの一方的な発信にとどまらず、実際にその土地に暮らす人たちと作りあげる「観光ガイド」プロジェクト。キックオフとして、『d design travel』発行人であり、デザイン活動家のナガオカケンメイ氏による、地域の魅力の見出し方についてのトークイベントも開催されます。是非、この取り組みにご注目ください。



【沖縄県南城市らしさを考える・トークイベント】
[画像2: https://prtimes.jp/i/66349/1/resize/d66349-1-256639-0.jpg ]

2020年10月3日(土)13:00-16:30(受付・開場 12:30)
場所:南城市市役所1階大会議室
イベント詳細:
https://www.d-department.com/item/DD_EVENT_22986.html



登壇者プロフィール:ナガオカケンメイ
(デザイン活動家・d design travel発行人)
1965年北海道生まれ。2000年よりロングライフデザインを提唱するD&DEPARTMENT PROJECTを開始する。2009年、デザインの視点で日本を紹介するガイドブック『d design travel』を創刊。2012年、渋谷ヒカリエに47都道府県の個性を発信するミュージアム「d47 MUSEUM」、ストア、食堂をオープン。物販、飲食、出版、観光を通して、47の日本の「らしさ」を見直す活動を展開中。 


●本リリースに関するお問い合わせ
南城型エコミュージアム普及・啓発・情報発信制作共同企業体
(株式会社ミックス・合同会社デザインクリップス・一般社団法人プロモーションうるま)
・メール送付先:合同会社デザインクリップス(担当:松崎)
d47@designclips.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング