AMBUSH x Beats初オフィシャルコラボプロダクト「Powerbeats AMBUSH スペシャルエディション」11月18日(水)発売 !

PR TIMES / 2020年11月18日 8時45分

Beats初の暗闇で光る機能を実装した高性能ワイヤレスイヤフォン!誰もが音をまとう時代にワイヤレスイヤフォンにも存在感を~YOONとグラミーノミネートBurna Boy起用のビジュアルも同時公開~

AMBUSH(R)︎は、Beatsと共同でYOONがデザイン監修した初のコラボレーションプロダクト「Powerbeats AMBUSH スペシャルエディション」を11月18日よりAMBUSH(R)︎ WORKSHOP、AMBUSH(R)︎ WORKSHOP2、Apple Store Online、Dover Street Market Ginzaにて発売します。Beatsとのコラボレーションは 2018年に公式ミュージックパートナーとしてAmazon Fashion “AT TOKYO” でのAMBUSH(R)︎のランウェイショーに迎えたことが始まりで、今回がAMBUSHとBeatsによる初の公式コラボレーションプロダクトとなります。



 AMBUSH(R)にとって初となる今回のBeatsとのオフィシャルコラボレーションでは、Beatsでは初めてとなる暗闇で光を放つ仕様を採用。「Powerbeats AMBUSH スペシャルエディション」は、高性能サウンド、耐汗防水性能を特徴とする高性能ワイヤレスイヤフォンで、東京の夜の光とエネルギーにインスピレーションを得てデザインされました。また、オリジナルのAMBUSH/ Beats ブランドのリップストップ生地のポーチが付属されています。

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、様々なシーンにおいて接触や表現に制限が生まれている中、多くの人々が音楽を日常的に身にまとうことで勇気づけられています。AMBUSH(R)︎ではBeatsの協力のもと、高性能ワイヤレスイヤフォンでありながら、暗闇で光る機能を採用することでユーザーを“昼から夜に連れ出す“をテーマに、誰もが音をまとう時代にワイヤレスイヤフォンにも存在感を感じてほしいという想いから本プロダクトを開発しました。WITHコロナ時代において、これまで以上に需要が増えたワイヤレスイヤフォン。本アイテムを通じ、様々なシーンで音楽とファッション体験を生み出せていければと考えています。

 本プロダクト発表にあたり、AMBUSH(R)︎ クリエイティブディレクターのYOONとナイジェリアのポートハーコート出身のグラミー賞にノミネートされたシンガーソングライターBurna Boyを起用したキャンペーンビジュアルが公開されます。本ビジュアルは11月18日よりニューヨークや渋谷の街をジャックし、コラボレーションを盛り上げます。
[画像1: https://prtimes.jp/i/69983/1/resize/d69983-1-724678-0.jpg ]


【Powerbeats AMBUSH スペシャルエディション プロダクト概要】
[画像2: https://prtimes.jp/i/69983/1/resize/d69983-1-754393-3.jpg ]

・Apple Online Store
https://www.apple.com/jp/

商品名:Powerbeats AMBUSH スペシャルエディション
発売日:2020年11月18日 AM7:00より順次
    Apple Online Store、AMBUSH(R)︎ WORKSHOP、WORKSHOP 2、
    Dover Street Market Ginzaにて
価格:19,800円(税別)
仕様:
• 暗闇で光る高性能ワイヤレスイヤフォン。
 赤い”b”マークとAMBUSHのロゴが各イヤーバッドに刻印されています

• Beats/AMBUSHのブランドのリップストップ生地のポーチがイヤフォンを安全かつ簡単に持ち運べるようにしてくれます

• Powerbeats Proと同じ迫力あるバランスの取れたサウンドを受け継いだ
高性能ワイヤレスイヤフォンであり純粋なサウンドの再生、ディストレーションを限りなく低減し、
広ダイナミックレンジで音質が向上

• イヤーフックの後ろからルーティングされる丸いケーブルを装備し、首の周りがナチュラルでありかつ、
 人間工学 に基づいて設計された形状を保有

• フル充電で15時間のバッテリー持続時間

• IPX4の耐汗防水性能

• Apple H1チップによって、iCloudデバイスとのペアリングや切り替えがよりスムーズに。

• iOSデバイスの「Hey Siri」によるハンズフリー操作での、音量の調整、トラックの切り替え、通話が可能

• Class1 Bluetooth(R)により、接続範囲が広がり、ドロップアウトが減少

• Fast Fuel機能を使用すると、5分の充電で、最長1時間の再生が可能

• イヤフォンで直接双方向の音量ロッカーと再生コントロールを使用して、電源のオン/オフ、
再生/一時停止、Bluetoothの有効化、トラックの変更、音声アシスタントの有効化、通話に対応

• デュアルビームフォーミングマイクと音声検出加速度計により、音声をターゲットにし、外部ノイズを除去

• 付属品として、4つのサイズオプションがあるイヤーチップ、ライト、USB-A充電ケーブル、キャリングケース

【YOON コメント】

[画像3: https://prtimes.jp/i/69983/1/resize/d69983-1-329439-1.jpg ]

渋谷に住んでいるので、渋谷の街が夜に輝きを放つ様子にいつもインスパイアされています。そして、夜の街に繰り出して音楽を聴いている時の、この街のエネルギーをキャプチャーした製品をデザインできたら最高にクールなのではと思いました。クリエイティブで新しいことにチャレンジする、自信に満ちた人たちのためにこの製品をデザインしました。そんな人たちが一番輝いていると思うからです。
――YOON、AMBUSH(R)︎ クリエイティブディレクター

【VERBAL コメント】

[画像4: https://prtimes.jp/i/69983/1/resize/d69983-1-467014-2.jpg ]

2018年3月のAmazon Fashion Weekの際に発表したAMBUSH SS18コレクションのランウェイにて、特別に作成して頂いた非売品のBeats x AMBUSHのヘッドホンをルックの一環として使用させて頂いた時は商品化してほしいとのお問い合わせが殺到しましたので、今回は新しい形とコンセプトでリリースできることを嬉しく思います!Beats史上初の「Glow in the Dark」(蓄光)Powerbeats Proをお楽しみください!
――VERBAL、AMBUSH(R)︎ CEO


■ YOONについて
AMBUSH(R)︎ クリエイティブディレクター、Dior Men ジュエリーディレクター
2008年自主的にジュエリーデザインを追求していたVERBAL と共にAMBUSH(R)を発表。東京カルチャーをキャプチャーした実験的なジュエリーラインは、ポップアートが根幹となり始まった。代表作ともいえるPOW!(R) モチーフは、世界中のメディアやアーティストから注目の的となる。ブランドのコンセプトを更に表現するために、ジュエリーのキャンバスとしてアパレルを制作し、ユニセックスなコレクションのデザインへと進化を遂げていった。2015年にはパリで初の展示会を開催し、その後世界のファッションビジネスを中心とするオンラインニュースサイト“Business of Fashion (BOF)” が発表する「ファッション界を変える世界の500 人」にYOONとVERBALの 2人が2015 年度以降、4年連続選出された。2017 年にはモエヘネシー・ルイヴィトングループ(=以下LVMH)が、若手デザイナーの育成・支援を目的としたファッションコンテスト「LVMH PRIZE」にてAMBUSH(R)はトップ8のファイナリストに選ばれた。

AMBUSH(R) のユニークな技術で造られた唯一無二のスタイルは、各界のインフルエンサーにも絶大な指示を受け、Louis Vuitton ( Kim Jones )、 sacai、Undercover、Shu Uemura、Nike、Converse、Rimowa、Gentle Monster、Bvlgariといったブランドとのコラボレーションを実現させた。 2018年にはAMBUSH(R) 初となるランウェイプレゼンテーションをAmazon Fashion Week Tokyo の一環として披露。また、Dior MenのKim Jones が同ブランドのジュエリーディレクターとしてYOON を任命し、2019 SSシーズンにパリで初コレクションを発表した。2016年9月に東京にてブランド初となるショップを、2019年11月には第2号店をオープンし、ブランドの精神を発信するスペースとして大きな注目を集めている。

■ Burna Boyについて
Burna Boyはナイジェリアのポートハーコート出身のグラミー賞にノミネートされたシンガーソングライターで、間違いなく、特にアフロビートで最も人気のあるアーティストの1人です。彼の最新のGQ記事で、Burna Boyはどのように、自分が何者である誰であるかを妥協することを拒否するかについて話しています。彼は、アフリカを目立たせるために、自分の音楽性を薄める必要があるとは考えていません。むしろ周囲を彼のところに来させることで、アフリカ大陸に対する視点を変えています。彼のインパクトは、彼の本物の声と彼が自身のすべてをさらけ出していることに起因します。これは、彼がグローバルなスーパースターとしての地位とアフリカ音楽の支配的なリーダーとしての地位を強固なものとすることができた主な理由の1つです。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング