歯科エックス線のAI診断における特許査定の取得について

PR TIMES / 2021年1月22日 8時45分

医療法人社団 葵会 AOI国際病院における医療AIの研究開発

医療法人社団 葵会(理事長:新谷幸義、本部:東京都千代田区)とAOI国際病院 歯科口腔外科の田島聖士医師は2021年1月19日、研究開発している歯科パノラマエックス線におけるAI診断システムに関する特許査定通知を日本特許庁より受領しました。

<特許の詳細>
出願番号:特願2018-107011
特許出願日:2018年6月4日
特許出願人:田島 聖士、医療法人社団葵会
名称:歯科分析システムおよび歯科分析X線システム

本件は歯科パノラマエックス線画像において、各種疾患の診断目的のためにディープラーニングを用いたAI(人工知能)で診断支援し、その結果を確信度とともにエックス線画像上に表示する技術で、本領域では初の特許となります。

歯科パノラマエックス線画像は、歯科口腔外科領域での初診時に、ほとんどの患者様に対して撮影されるエックス線写真であり口腔内全体を把握することができます。しかし、歯科パノラマエックス線画像の読影は歯科医師の経験等により差が出ることもあるため、正確な読影による診断が必要です。本技術は、エックス線画像による診断支援のため、「AIによるダブルチェック」を行うことにより「医療の標準化」が期待できます。
今後はこの技術を用いた歯科パノラマエックス線の診断支援システムを多くの歯科医院で利用できるように、引き続き製品開発に取り組んでまいります。

<葵会・AOI国際病院について>
葵会グループでは、病院と介護老人施設、教育機関の連携により、医療、リハビリテーション、施設介護、デイケア、在宅介護のためのケアプラン作成まで一貫して取り組んでおります。「治す」と「防ぐ」を高いレベルで両立し、健康な人生をトータルにケアしていく医療を目指します。
AOI国際病院では、質の高い地域医療から高度先進医療まで幅の広いシームレスな総合医療を提供します。また、医療人としての誇りと多職種との連携を大切にし、職員が働き甲斐のある病院を目指します。
法人名 :医療法人社団 葵会
所在地 :東京都千代田区内幸町一丁目1番1号
Webサイト: http://www.aoikai.jp/ 
       http://www.aoikai.jp/aoiuniversalhospital/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング