1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

株式会社ChiCaRo、乳幼児の保育・発達支援のためのAI開発に向け、ロボットを活用した国プロ実証実験を開始

PR TIMES / 2021年10月1日 10時15分

株式会社ChiCaRo、NEDO「人と共に進化するAIシステムの基盤技術開発」が実証実験段階に
~説明できる自律化インタラクションAIの研究開発と育児・発達支援への応用~



株式会社ChiCaRo(国立大学法人電気通信大学発ベンチャー認定)は、大阪大学大学院基礎工学研究科・電気通信大学と共同で実施中のインタラクションを自律化させるAI開発の次なるフェーズとして、テレ保育アバターロボット「ChiCaRo」を活用した発達支援システムの実証実験(NEDOプロジェクト「 人と共に進化するAIシステムの基盤技術開発」~説明できる自律化インタラクションAIの研究開発と育児・発達支援への応用~)を始動することをお知らせ致します。
テレ保育アバターロボット「ChiCaRo」の更なる機能向上と、NEDOプロジェクトにおいて、大阪大学大学院基礎工学研究科・電気通信大学と共に研究中の発達支援システムの実用性検証の次のステップとして保育園にて実証実験を行い、保育施設、家庭の負担を軽減できるAIによるインタラクションシステムの実用化を目指して参ります。
なお、実証実験の成果は、テレ保育アバターロボット「ChiCaRo」に実装し発達・育児支援サービスとして事業化予定です。これまで蓄積した知見・ノウハウを活用することで、with/postコロナ社会の国内生産や雇用への効果、及び共働き世帯の負担軽減・サポート体制の充実化を目指しています。

【保育施設、家庭の負担を軽減できる、AIによるアシストシステムとは】

これまで保育施設で人によって行われていた「発達支援」の領域は、新型コロナウイルスの影響もあり、人手不足・支援不足になっています。

そこで、ロボットが発達支援の一部を担い、発達支援員の効率化、保育士の負担の軽減、保護者の理解度向上に貢献することで、課題解決に導きます。

「保育施設・知育発達の専門家・家庭・AI」が一体となって生まれる新たな保育のかたちです。


[画像: https://prtimes.jp/i/82957/1/resize/d82957-1-933e981c8cb69ee5b47b-1.jpg ]



これまでも株式会社ChiCaRoは、国立大学法人電気通信大学 知能システム研究室(長井研究室)と、近年大きな社会問題となっている「孤立育児」や「発達支援の人手不足」解消を目指して共同研究を実施して参りました。核家族化・夫婦共働きなどで、子どもを見ていられる人数も時間も減少している中、昨今の新型コロナウイルスの流行を受け、with/postコロナ時代における新たな保育スタイル(システム)の確立が、より喫緊の課題となっています。
これらの課題解決に向けて、遠隔操作から自律化するロボットの技術の確立を目指して、株式会社ChiCaRoはこれまで研究を行って参りました。この成果として、遠隔共同子育てを実現するテレ保育アバターロボット「ChiCaRo」を開発、テストマーケティングを行ってきました。

【テレ保育アバターロボット「ChiCaRo」の特徴】

■丸みを帯びた形状で倒れにくい子どもが親しみやすい「人型ロボット」
押したり引いたり叩いたり、小さな子どもは力加減が分からない。でも、むしろその力いっぱいのふれあいこそが子どもとのコミュニケーションの良さ。「ChiCaRo」は、その衝撃にも耐え得る、倒れにくく壊れにくい安心安全な形状。

■遠隔操作で動かせる、体を使ったコミュニケーションデバイス
画面の向こうから タブレットなどを使ってかくれんぼなど 身体を使った「遊び」によるコミュニケーションを実現することで、会話のできない乳幼児の興味を継続的に引き付けることができる。遠方の祖父母との関わりが生まれ、子供の発達に繋がると同時に、祖父母も孫とコミュニケーションがとれる。


【テレ保育アバター保育ロボット「ChiCaRo」の機能】

■保育士や小児科といつでも繋がる
リモートシッティング連携で、 保育士や小児科など育児の専門家も子育てに参加。(開発中)
その他、「こどもの性格や嗜好を把握する、チャイルドマインダーAI」「こどもの健やかな発達に最適な遊びがわかるZPD Play提案AI」を搭載予定。


▼代表取締役社長 奥温子のコメント

ChiCaRoは「子育ての”みかた”を増やす」をコンセプトに製品開発を行ってきました。人には得意不得意があるように、子どもも一人ひとり発達していく能力にばらつきがあります。研究開発ベンチャーとして保育領域で、それぞれの発達状況を丁寧にキャッチアップし、個性に合わせた適切な支援ができるシステムを確立することで子どもたちの個性が尊重され輝ける保育現場、社会を目指しています。


お問い合わせはこちら
株式会社ChiCaRo(チカロ) ※国立大学法人電気通信大学発ベンチャー認定
〒182-8585 東京都調布市調布ヶ丘1-5-1 電気通信大学内西11号館 404号室
WEBSITE: https://www.chicaro.co.jp/

共同研究先:国立大学法人電気通信大学 知能システム研究室(長井研究室)
WEBSITE: https://www.rlg.sys.es.osaka-u.ac.jp/chicaro/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング