「子どものくつ」について、8割以上のママが悩んでいる?!

PR TIMES / 2014年8月28日 10時56分

「子どものくつ」に35年以上の実績を持つミキハウスが「子どものくつ」について調査

8割以上のママが「くつえらび」や「サイズ」について悩んでいます。

自分で履きやすく、足の成長をサポートするミキハウスのくつで
新学期を迎えさせてあげたいけれど、どうやって選んだらいいの?

「ミキハウスシューズ」と「シューズアドバイザー」が
そんなママのお悩み解決のお手伝い



ミキハウスブランドの子ども服および子ども用品の企画・販売を手がける三起商行株式会社(大阪府八尾市・代表取締役社長 木村皓一)は、お子様の足の成長をサポートするベビーシューズならびにキッズシューズを35年以上にわたり販売してまいりました。

子どもの身長が伸びたり、体重が増えたりするのと同じように、足のサイズはもちろん、歩き方、動き方も成長していきます。それぞれの成長段階とお子様の足に合うくつを選ぶことはとても大切なことです。

このように、正しいくつ選びがお子様の成長にとても大切なことは、広く知られていますが、一方でミキハウスが実施した「子どものくつに関するアンケート」によると、8割を超えるママが「子どものくつについて悩んでいる」という結果が出ています。

【子どものくつ選びで一番気になることは、「くつの選び方」と「サイズ」】

このたびミキハウスでは、新学期に向けたくつの買い替え時期を前に、株式会社サイバーエージェントが運営するママ向けクラウドソーシングサービス「mama&crowd(ママ&クラウド)」と共同で6歳くらいまでのお子様を持つママに「子どものくつに関するアンケート」を実施しました。その結果、84.6%のママが「子どものくつについて悩んでいる」と回答。さらに、悩んでいるママのうち、合計70%を超えるママが、「サイズ」と「くつの選び方」に悩んでいることがわかりました。


●ママの声
自由記述欄では、「きつい、小さい、大きいと言えないので、靴の中敷に買い替え時がわかるようなサインがあるとわかりやすいです。」「靴は子どもが実際にはかないと大きさが分からないので、一緒に行くことは必須だと思います。特に子どもが小さいときは靴店に靴専門のアドバイスしてくれる方がいたら安心して子どもの足に合った靴が購入できると思います。」など、要望があがりました。また「こども自身がもっと簡単に着脱できるようなデザインがほしいです。」との声もいただいています。

【ミキハウスがママの悩み解決のお手伝い】
このようなママの悩み解決のお手伝いができるように、ミキハウスでは、お子様の足の成長をサポートするくつを豊富にご用意、全国のショップに450名の「シューズアドバイザー」(※)が常駐し、お子様のくつ選びのお手伝いをさせていただいています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング