お葬式をコーディネイトする人材のレベルアップを目指して…全葬連が「第7回葬祭コーディネーターコンテスト」開催!

PR TIMES / 2012年1月25日 9時18分



経済産業大臣認可 全日本葬祭業協同組合連合会(以下、全葬連)は、全国各地に組織されている58の葬祭事業協同組合が連合した日本で最大の葬祭専門業者団体です。
私たちは葬祭業に関わる技術の向上、明瞭な価格システムの調査・普及、ご喪家にご満足いただける葬祭実践の指導を通じ、儀礼文化の健全な発展に貢献しております。

日本社会における家族のありよう、精神文化、ライフスタイルは大きく変容しつつあります。
少子高齢化社会となり、年間死亡者110万人を超える時代を迎えた今、改めて葬儀文化の意味を深く理解し、大切にしながらも、消費者一人ひとりのニーズに応対していくことが葬祭事業者に課せられた課題であり、これからの時代を担う人材が、日々磨きをかけていくことが重要です。

そこで、業界のさらなるレベルアップを図るべく全葬連青年部会が中心となった「第7回葬祭コーディネーターコンテスト」を開催いたします。

本年度より葬祭業をテーマとしたテレビ番組が放映されるなど、お葬式に携わる仕事が認知されつつあると存じます。
メディア関係者の皆様には「葬祭業という仕事に向き合う、若手葬祭コーディネーターの実像」を会場でご体感いただけますと幸いです。

☆☆☆コンテスト開催主旨

平成17年7月に公正取引委員会から「葬儀サービスの取引実態に関する調査報告書」、
平成18年6月には独立行政法人国民生活センターから「増加する葬儀サービスのトラブル」、
また平成19年10月には総務省近畿管区行政評価局から「葬祭業の取引の適正化に関する調査の結果」報道発表資料が公表され、事前に価格やサービス内容について情報提供を行うことが重要になってくるとの結果報告がされておりました。
こうした結果を踏まえ、全葬連は「葬祭コーディネーターコンテスト」を企画し、これまで6回開催しております。

「葬祭コーディネーターコンテスト」は、これまで6回、全国的な規模で開催しております。
参加者は、筆記試験の予選を通じて1名が各ブロック(北海道、東北、関東、中部、近畿、中国、四国、九州)より選抜され、計8名がコンテストに出場し、技術・応対を競います。

普段行っている応対が消費者の目にはどのように映っているのか実践的な実演で確認し、コンテスト形式で競い合う事で、我々専門業者が消費者側にたった業者であることの理解を深めると同時に、今後消費者に対して十分な説明を行い、さらなる安心と信頼を提供することを目指します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング