バルスの各ブランド共通ギフトカードの提供開始! ~5月7日(月)より 『フランフラン』 等、全国約140店舗で一斉スタート~

PR TIMES / 2012年5月7日 15時25分



株式会社レピカ(本社:東京都港区、代表取締社長:岩井陽介、URL:http://www.repica.jp 以下レピカ)は、5月7日より株式会社バルス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:高島郁夫、URL:http://www.bals.co.jp/ 以下バルス)が展開する「Francfranc(フランフラン)」、「BALS TOKYO(バルス トウキョウ)」、「About a girl(アバウトアガール)」、「J-PERIOD(ジェイピリオド)」、「WTW(ダブルティー)」の各ブランド共通で利用できる、ギフトカード「バルスギフトカード」として、リチャージカードシステム「repica (R)」を「rapico(ラピコ)」で提供開始いたします。

「バルスギフトカード」は、誕生日や結婚、出産、新生活などのお祝いギフトのほか、結婚式の引き出物やパーティーの景品など様々なシーンで気軽に利用できるプラスチック製ギフトカードです。プレゼントされた本人が欲しい商品を自分で選べる“楽しいショッピング”を、「バルスギフトカード」でスマートにプレゼントすることができるため、これまで以上にギフト需要喚起を期待することができます。
「バルスギフトカード」へのチャージは初回1,000円以上から、1,000円単位で上限100,000円まで可能です。全店舗の利用状況は、専用管理ツール「rapico」によって一元管理され、店舗別集計、全取引の履歴検索などを容易に閲覧することが可能です。

カードの券面デザインは、2012年7月で20周年を迎えるFrancfrancのテーマである「LOVE DESIGN」に基づく共通デザイン。今後もさまざまなテーマのデザインでカードを制作する予定です。

スマートなプラスチック製ギフトカードの導入は、贈られた相手が自由に商品を選択できる利便性はもとより、券面のデザイン性やそのギフト感によって、“贈る”楽しさ、“贈られる”喜びを、さらに演出することができます。

レピカでは、今後も弊社製品・サービスご利用のお客さま、また市場のニーズを捉えた機能追加、品質向上を図り、お客様にお喜びいただけるソリューションを提供してまいります。

<株式会社バルス 会社概要>
会 社 名 :株式会社バルス(BALS Corporation)
U R L :http://www.bals.co.jp/
所 在 地 :〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-67
代表取締役社長 :高島 郁夫
事業内容 :デザインによって新たな付加価値を創造し(VALUE by DESIGN)、住空間における「文化的で感性豊かなライフスタイル」を提案するという企業理念に基づき、インテリア・雑貨小売販売事業を展開


<株式会社レピカ 会社概要>
会 社 名 :株式会社レピカ(repica inc.)
U R L :http://www.repica.jp
所 在 地 :〒107-0062 東京都港区南青山1-2-6 Lattice aoyama B1F
設   立 :2006年8月16日
資 本 金 :271百万円(資本準備金 261百万円)
代表取締役社長 :岩井 陽介
事業内容 :リチャージカードサービスの提供および運営、高速メール配信ソリューション提供および運営、スマートフォン関連事業(「アプリソムリエ」サイト運営、「ぐぅぐぅログ」「放射線MAPアプリ」企画運営)、ARサービス「ARAPPLI」の提供(※アララとの共同事業)

<報道関係者様からのお問い合わせ先>
担当部署 :マーケティング部
Eメール :pr@repica.co.jp
T E L :03-5414-3611

*「repica」は株式会社レピカの登録商標です。
*記載されている会社名及び商品名/サービス名は、各社の商標または登録商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング