ヤクルトの新ブランド「三つ星Factory」から第1弾商品が登場! 紙パックの美容ドリンク『CHOBI(チョビ)』を新発売 「美容にいい」「おいしい」「お手軽&お手頃」…だからこそ続けられる!

PR TIMES / 2012年4月17日 12時6分



株式会社ヤクルト本社(社長 根岸 孝成)は、20代~30代の女性向け新ブランド「三つ星Factory」の商品第1弾として、おいしく手軽に美容成分を摂取できる美容ドリンク『CHOBI(チョビ)』を、2012年5月8日(火)より首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)のセブンイレブン限定で発売します。また、2012年5月14日(月)より、首都圏限定でヤクルトレディによる 宅配チャネルでも販売します。なお、2012年5~9月の販売目標は21千ケースです。

■体内のコラーゲン産生促進が期待できる注目成分「パフィア」を使用

今回の美容ドリンクの開発にあたり、当社では南米原産のヒユ科のハーブである「パフィア」に注目。この「パフィア」には、皮膚のハリや弾力をつかさどる美容成分である「コラーゲン」の産生を促進する作用があることが確認されています。『CHOBI(チョビ)』には、美容ドリンクには珍しい、この「パフィア」を採用しているほか、「コラーゲン」や「ビタミンC」も含んでいます。

■さまざまなシーンで飲用しやすい「紙パック」を採用

従来の美容ドリンクは「瓶」タイプのものが多いですが、『CHOBI(チョビ)』は女性が手軽にさまざまなシーンで飲用しやすく、携帯にも廃棄にも便利な65ml紙容器を採用。「世界最小紙パック」(2012年4月17日現在)を実現しています。

■毎日無理なく続けられる“おいしさ”“カロリー”を実現
 
『CHOBI(チョビ)』は、コラーゲン独特のクセや、パフィアのクスリ臭さを抑えたオレンジ風味で、毎日無理なく続けられるおいしさを実現しました(オレンジ果汁含有率:30%)。また、1個当たり26kcalと、女性が気になるカロリーも抑えています。

■1個120円!毎日続けられるお手頃価格を実現

美容ドリンクの飲用で効果を実感するためには、継続して飲み続けることが重要であると言われています。当社では、価格の面でも「毎日の続けやすさ」を考慮し、希望小売価格を1個当たり120円(税別)に設定しています。

当社初の女性プロジェクトチームによる「三つ星Factory」では今後も、創業から70年以上貫いてきた“健康へのこだわり”“おいしさへのこだわり”“品質へのこだわり”に、“女性ならではのこだわり”をプラスし、これまでのヤクルトのイメージを超える“女性にうれしい”商品を提供してまいります。

⇒『三つ星Factory』ブランドサイト⇒http://www.yakult.co.jp/mitsuboshi-factory/

⇒『三つ星Factory』Facebookページ⇒https://www.facebook.com/mitsuboshi.factory/ (4月17日オープン予定)

※オリジナルFacebookアプリ「こだわりトーク」も同時リリース。

◆商品情報
・商品名:CHOBI(チョビ)
・商品分類:美容飲料(市場カテゴリー)/清涼飲料水(法的カテゴリー)、30%オレンジ果汁入り飲料(果実飲料品質表示基準上)
・賞味期限:常温未開封の状態で製造日より180日後
・使用原料:オレンジ、果糖、コラーゲン(ゼラチン)、パフィアエキスパウダー、ビタミンC、酸味料、香料、甘味料(スクラロース)
・内容量:65ml
・容器:無菌包装紙容器
・希望小売価格:120円(税別)

※参考/パフィアのコラーゲン産生促進作用(in vitro試験)について
・皮膚のコラーゲンは、真皮にあるヒト皮膚線維芽細胞から産生されます。
・パフィアは、そのヒト皮膚線維芽細胞の増殖を促進するとともに、ヒト皮膚線維芽細胞のコラーゲン産生を促進します。

○パフィアエキスのコラーゲン産生促進作用(ヤクルト中央研究所調べ)

〔試験概要〕
パフィアエキスを正常ヒト皮膚線維芽細胞に添加後、24時間培養し、コラーゲン産生量を測定したところ、パフィア エキス(65μg/ml)は、コラーゲンの産生を有意に促進することが確認されました。

注)実際の試験では、パフィアエキスパウダー(130μg/ml)を使用しており、ここに記載したパフィアエキス濃度は、パフィア エキスパウダー濃度より換算しています。

---------------------------------------------------------------------------------------
■本リリースに関するメディアのお問合せ先
株式会社ヤクルト本社  担当:広報室(木村・大森・村山)  TEL:03-3574-8920
■お客さまのお問合せ先
お客さま相談センター (フリーダイヤル)0120-11-8960
---------------------------------------------------------------------------------------

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング