ガラスびん業界初!日本全国に散らばった、びんと触れ合いながら働く地元の“看板娘”が大集合 “ビンのビジンなところ”を知ってもらう 『びんむすめ』プロジェクトがスタート!!

PR TIMES / 2012年7月17日 13時19分



日本ガラスびん協会(会長 丸橋吉次/東京都新宿区)は、2012年より複数年に渡って、「ビンのビジンなところを知ってもらう」をテーマにした『びんむすめ』プロジェクトを開始します。

ガラスびんは、多様なデザイン性と飲料や食品などの鮮度を守る長期保存性に優れ、何度でも再生できる環境にやさしい容器として長く親しまれてきました。
当協会では、昨今の環境意識の高まりや中身の安全・安心を求める声を背景に、ガラスびんの持つ特性や優位性を広く社会に発信し、改めてガラスびんの持つ魅力を伝えたいと考えております。

この思いを、ガラスびんと触れ合いながらお仕事をされている、地元の看板娘である『びんむすめ』の力を借りながら、地域から日本全国へ向けてガラスびんの魅力を発信していきたいと考えております。

<びんむすめプロジェクトについて>
日本全国に散らばった、それぞれの地域のガラスびんと、びんにふれあいながら働く地元の看板娘「びんむすめ」を通して、ビンのビジンなところを知ってもらうプロジェクトです。
今後、びんむすめは当協会が展開するプロモーション活動へ登場していきます。

URL:http://www.glassbottle.org/campaign/binmusume/

<本件に関するお問合せ先>
日本ガラスびん協会
TEL:03-6279-2390  FAX:03-5389-5868
住所:東京都新宿区百人町3-21-16 日本ガラス工業センター3F

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング