IEEE、スマートグリッド関連の 5つの新たな世界標準規格を発表

PR TIMES / 2012年9月26日 14時41分

〜スマートグリッド向けのさまざまな通信ニーズと運用ニーズに取り組む世界標準規格を今後も発表〜

スイス・ジュネーブ、米国ニュージャージー州ピスカタウェイ
2012年9月26日(現地時間)発

人類のための技術を推進する世界最大の専門家組織であるIEEE(アイ・トリプル・イー)は本日、世界各地のスマートグリッドに必要な新たな通信能力と運用能力を提供する4つの標準規格の更新と、1つの新たな標準規格開発プロジェクトを発表しました。IEEEスタンダーズ・アソシエーション(IEEE-SA)が行なうこの新しい標準化活動は、スマートグリッドに対する最新の貢献です。IEEE-SAはこのきわめて重要な産業に関する100の標準規格と開発の規格を有しています。

IEEE-SAの戦略プログラムマネージャーであるビル・アッシュ(Bill Ash)は次のように述べています。「IEEEは世界中のユーティリティ産業(注:電気・ガス・水道・バス・鉄道などの公益事業体)のニーズに取り組むために、標準規格の更新と新しい標準規格の開発を絶えず行っています。現在と未来のスマートグリッドの運用目標とサービス目標の実現のために、こうしたニーズが新技術を統合しシステムを更新するからです。IEEEの最近の標準化活動は、世界のスマートグリッド産業の成長と進化を支える新しい標準規格の重要性をはっきりと示しています。」

スマートグリッドの最新の標準規格に含まれるものは、以下の通りです。
・IEEE 1815(TM)-2012「電力システム通信の標準規格 分散ネットワークプロトコル(DNP3)」は、ユーティリティ企業のオートメーションシステムに使用される通信媒体の運用のためのDNP3プロトコルの構造、機能、相互運用アプリケーションのオプションを定めたものです。この標準規格は、以前の標準規格であったIEEE 1815(TM)-2010を更新したもので、スマートグリッドや、電力ステム、エネルギーシステム、給水システムのような他のインフラに使用される通信システムに影響を与える、今後ますます高まるサイバーセキュリティ上の脅威に対する取り組みと軽減のためのプロトコルです。IEEE 1815(TM)-2012はIEEE Standards Store( http://www.techstreet.com/cgi-bin/detail?vendor_id=5414&utm_source=external&utm_medium=pr&utm_campaign=2012_09_sgstandards_pr )で購入できます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング