LOUDNESS、デーモン閣下らが出演!チューリッヒ生命ががん撲滅のためのロック・チャリティーライブ「Rock Beats Cancer FES 2013 vol.1」に特別協賛

PR TIMES / 2012年12月3日 12時54分

がんの疾患啓発、研究推進の支援を目的としたロック・チャリティーライブ!
Rock Beats Cancer FES 2013 vol.1
開催日:2013年2月22日(金)会場:Zeppなんば大阪

寄付金は樋口宗孝がん研究基金(MHF: Munetaka Higuchi Foundation For Cancer Awareness and Research)を通じて、今回は「小児がん」の患者支援、疾患啓発および研究推進のために活用されます。



チューリッヒ・ライフ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド日本支店( 以下「チューリッヒ生命」、本社:東京都新宿区、日本における代表者:太田 健自、URL:http://www.zurichlife.co.jp/ )は、2013年2月22日(金)にZeppなんば大阪で開催されるがんの疾患啓発、研究推進の支援を目的としたロック・チャリティーライブ「Rock Beats Cancer FES 2013 vol.1 」に特別協賛をいたします。

このイベントは、日本を代表するドラマーとして世界的にも知られるハードロックバンドLOUDNESS(ラウドネス)の樋口宗孝氏が2008年11月に肝細胞がんで逝去されたことをきっかけに、がんの疾患啓発および研究推進のために企画されたチャリティーイベントです。


第1回目のテーマは「小児がん」。小児がんは5歳以上の子どもの死因の第1位でありながら、治療法や薬の研究は他のがんに比べて遅れているのが現状です。そこで、次世代を担う子どもたちに向け、LOUDNESSをはじめ、デーモン閣下、井上俊次(レイジー)など人気ロックミュージシャンらが、小児がんを克服したAYA*世代(15歳~29歳)の方々や、AYA世代にがんにかかった若者たちに、音楽を通してがんと闘う勇気を与えるとともに、20代~50代の健常者の方々に対しても、がんについて正しく知ることの大切さを伝えていきます。なお、出演者はひきつづき第2弾、第3弾と発表される予定です。

今回のイベントで集められた収益金の一部および寄付金は、樋口宗孝がん研究基金(MHF: Munetaka Higuchi Foundation For Cancer Awareness and Research)を通じて、小児がんの患者支援、疾患啓発および研究推進のために活用されます。


チューリッヒ生命では、がん患者の方々が前向きに安心して治療に臨み、人類ががんを克服できる時代になる日を1日も早く実現すべく、がん患者支援や疾患啓蒙、そして新たながんの治療法の研究開発へのサポートを積極的に行ってまいります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング