全世界の水道公益事業者で、年間125億米ドルのコスト削減が可能に

PR TIMES / 2013年2月8日 9時13分

スマートウォーターネットワークに関する世界規模調査報告

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

スマートウォーターネットワークに関する世界規模調査報告
全世界の水道公益事業者で、年間125億米ドルのコスト削減が可能に

― 注目すべきもうひとつの「スマート」は水 ―

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


電気、ガスおよび水道の公益事業向けに、スマートメーター/スマートグリッド専用の通信ソリューションを提供するセンサス(本社:米国ノースカロライナ州)は、このたびスマートネットワークに関する世界規模の調査報告書『Water 20/20: Bringing Smart Water Network Into Focus(邦題:スマートウォーターネットワークに焦点を当てて)』にて、スマートウォーターネットワークの導入により、全世界で年間125億米ドルのコスト削減が水道の公益事業者にとって可能になると発表しました。

水資源は、本来管理することが困難です。今後10年以内に、世界人口のおよそ3分の2にあたる46億人が水不足の状況に陥り、その中でも約18億人が完全な水不足の中で生活することになると見込まれています(※)。水不足の状況は、ある特定期間に水の需要が利用可能な量を上回ったり、劣悪な水質により利用が制限されたりする場合に起こります。

センサスは、水不足の問題および国内総生産(GDP)と飲料水の入手状況との関連性を考慮し、スマートウォーターネットワークを正しく導入するために水道業界が協調するよう世界中で呼びかけてきました。スマートウォーターネットワークは、製品、ソリューションおよびシステムを統合したネットワークで、これを導入することにより公益事業者は、問題の継続的なモニタリングや診断、メンテナンス事項の優先順位付けと管理、そしてデータを利用した配水管ネットワーク全体のパフォーマンスの最適化と遠隔監視・管理を実現可能にします。

本調査報告書は、スマートウォーターネットワークのビジネス・ケース(効果、コスト、リスクなどを踏まえた上での投資価値)を検証することを目的とし、全世界182の水道事業者に詳細なインタビューと包括的な調査を実施、事業者の運用コストと予算を分析しました。その結果、毎年漏水だけにかかる費用が、合計で約96億米ドルであることがわかりました。スマートウォーターネットワークの活用は、漏水を防ぎ、水質モニタリングとシステムメンテナンスの両方の効率を高めます。これにより水道事業者は、漏水による損失を取り戻すことはもちろんのこと、それ以上の利益獲得につながります。つまり、漏水管理と圧力管理の改善、設備投資の戦略的な優先順位、ネットワーク運用とメンテナンスの合理化、および水質モニタリングの合理化を実施することで、最大で年間125億米ドルものコスト削減が可能になると分析しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング