アフラックの贈りモノ&贈りコト調査2012~ 贈りコト編~ クリスマス人気告白スポット「東京スカイツリー」僅差で1位逃がす!

PR TIMES / 2012年12月11日 12時26分

~今年のクリスマスは脱・巣ごもり傾向!~



アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社、日本における代表者・社長:外池徹)は、2012年11月、全国の10~50代の男女1,116名に対し、「クリスマスに関する意識調査」をインターネットにて実施いたしました。11月26日にリリースいたしました調査結果「贈りモノ編」に続き、今回は「贈りコト編(※) 」をご紹介いたします。
※贈りコト:モノではなく、言葉や体験などの贈り物のこと


【基本調査概要】
調査方法 : インターネットアンケート調査
調査実施期間 : 2012年11月1日(木)~11月4日(日)
対象地域 : 全国6エリア(北海道・東北/関東・甲信越/東海・北陸/近畿/四国・中国/九州・沖縄)
対象者 : 全国の男女1,116名(男性558名、女性558名)
対象者年代 : 12歳~59歳


【調査結果サマリー】

1. 今年はクリスマスを外で過ごす“脱巣ごもり”の傾向が顕著。
クリスマスの過ごし方について今年と昨年を比較すると、「家で家族と過ごす」という回答が8.8ポイント減少し、家族・恋人・友人などと「話題のスポットに遊びに行きたい」「外に食事に行きたい」「旅行に行きたい」人が増加していることがわかりました。震災の影響もあり、家で過ごす傾向にあった昨年と比べて、今年は外出の意向が高いようです。また、今年も昨年同様クリスマスは3連休ですが、「パーティーや外出を2~3日行う」という人が37.6%と、クリスマスを複数日にわたって楽しむ予定の人が多いことがわかりました。


2.クリスマス人気告白スポット1位「東京ディズニーランド・シー」2位「東京スカイツリー」!告白スポット、男女間では順位に違いが!
クリスマスに告白、プロポーズしたい・されたいスポットの1位は「東京ディズニーランド・シー」(39.3%)、2位が「東京スカイツリー」(34.8%)という結果に。今年あらゆるランキングで1位を総なめにしたスカイツリーも、定番のディズニーには僅かに及びませんでした。また、男女別にみると、男性では「東京スカイツリー」が1位となるなど、男女間での人気告白スポットに違いがあることもわかりました。


3. 一人きりのクリスマスは嫌? 「保険彼氏」がいたことのある20代女性は7人に1人!
クリスマスを意識するあまりさほど好きではなかった人(保険彼氏)と付き合ったことのある女性は、20代で14.5%(7人に1人)、30代でも11.8%いることがわかりました。20~30代の独身男女の約3割(29.3%)は「今年のクリスマスに恋人と過ごす予定がある」と回答していることからも、クリスマスはやはりカップルで過ごすことが重要視されているようです。


4. 実は告白されたい?!男性の約6割が女性からの告白は“あり”と回答。
女性から男性への告白に対し、女性で「ありだと思う」と回答した人は半数以下(46.2%)。それに対し、男性は10ポイント以上高い59.1%が「ありだと思う」と回答していることから、女性からの告白を待っている男性も潜在的に多いと言えるかもしれません。


5. クリスマスツリーがある家は幸福感が高い!飾りはリーズナブルに楽しむ傾向。
例年、クリスマスシーズンに自宅に飾るものとして人気が高かったのは、やはり「クリスマスツリー」(47.6%)。以下、「クリスマスリース」(30.5%)、「クリスマスモチーフの小物」(30.2%)と続きました。しかし飾りつけの予算は49.0%が3000円未満と回答。オーナメントなどにはそれほどお金をかけずに楽しんでいるようです。
なお、幸福感が高い人ほど、「クリスマスツリーが自宅にある(もしくは購入予定)」と回答していることがわかりました。クリスマスツリーは、幸せの象徴なのかもしれません。


【みんなでクリスマスツリーに飾りつけをしよう!スペシャルサイト 『青いダックの森 』について】

アフラック特設サイト「青いダックの森」では、がん保険にまつわる心あたたまるストーリーを公開しています。ストーリーを読んで頂くと、クリスマス限定「青いダックの木」にオーナメントを飾ることができます。クリスマスツリーに飾りつけをして、皆さんも幸せな気分になってみてはいかがでしょうか?
 さらにストーリーを読んで頂いた方には12月25日までの期間限定で、櫻井翔さんのクリスマス壁紙をプレゼントしています。どうぞお楽しみください!

アフラックスペシャルサイト『青いダックの森』
http://aoiduck.jp/index.html

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング