団塊の世代向けフィリピンでの英会話スタディツアーを実施

PR TIMES / 2012年12月19日 17時54分

TESZARA開業記念・マンダリン・オリエンタルホテルでのVIP待遇ツアーを特別価格で

グローバルな人材の育成サポート事業を展開する株式会社デラ・クルーズ(代表取締役:佐々木良介、以下 デラ・クルーズ)は、本年11月より運営するフィリピンでの海外ロングステイ支援事業「TESZARA」(読み方:テザラ、TESZARA事業部:東京都港区北青山)において、このたび50~60歳代の団塊の世代やシニア世代を対象に、フィリピンで英会話を勉強するスタディツアーを、TESZARA開業記念特別価格キャンペーンにて実施します。



◆ツアー概要

マンダリン・オリエンタルマニラに6泊するVIP待遇フィリピンスタディツアー。空港には黒塗りホテルカーでお出迎え
■ 日程: 2013年2月17日(日)~2月23日(土)
■ 料金: 160,000円(航空券別、消費税別)
■ 特徴:
  ● 英会話レッスンは、4日間実施。初級者から中級者まで対応可能な充実したプラン
  ● 宿泊は首都マニラの都市「マカティ―」に建つ五つ星ホテルの「マンダリン・オリエンタルマニラ」。
  ● 朝食6回、夕食2回、スパでのアロマテラピー付き
● TESZARAの高級コンドミニアムの見学会/ロングステイ説明会(希望者)
   ● 人気の避暑地タガイタイへの1日観光付き
   ● Makati, Bonifacio Grobal Cityでのショッピングモール散策
   ● その他オプショナルツアー用意

■ 詳細情報: http://www.teszara.com/studytour.html


近年、ビジネスをリタイアした後の暮らしや余暇を楽しく充実したものにするため、50~60歳代を中心に「英語を話せるようになりたい」というニーズが高まっています。本キャンペーンでは、約10年の英会話スクールの実績があるデラ・クルーズの英会話ノウハウを、英語が標準語のフィリピンという場で提供することにより、ツアー参加者は学んだ英語をすぐにショッピングやレストランで試すことが可能となり、日本で学ぶ以上の英語力の向上が見込めます。

さらに、ツアーでは、リタイア後のライフスタイルのひとつとして昨今注目を浴びる、海外滞在型余暇「ロングステイ」の視察プログラムも用意。TESZARAが斡旋する高級コンドミニアムの見学会や相談会がツアー内に組み込まれており、参加者はコンドミニアムの外観や内観のデザインや雰囲気、使い勝手はもちろんのこと、立地などをより詳細に確認・検討することが可能です。

デラ・クルーズでは、TESZARA事業を通じて、団塊の世代やシニア世代の充実したライフスタイルを支援していきます。

以上

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング