【ニュースリリース】デジタルポスト年賀状

PR TIMES / 2012年12月19日 12時37分

全国の20歳~59歳の男女500人に聞いた 「年賀状に関する調査」

年賀状は「はがき」で送る 97.2%
「メールで」は26.2%

だけど・・・「デザインを考えることが大変だった」44.8%
    「時間がかかることが大変だった」40.2%




デジタルポスト株式会社 (本社:東京都港区赤坂 代表取締役:磯村 康典/いそむらやすのり)は、2012年11月15日~2012年11月16日の2日間で、全国の男女500名・20歳~59歳を対象に「年賀状に関する調査」をテーマとしたインターネットリサーチを実施いたしました。


【年賀状に関する調査】
【調査背景】
現在、インターネットの普及により、電子メールが一般化しています。
また急激なスマートフォンの人気に伴い、手紙やはがきのように温かみのある交流は減ってきているのでしょうか。平安時代から続くといわれている手紙やはがきの文化を、今もなお継承しているのは「年賀状」ではないかと考えています。
現在では、年賀状に変わる方法として電子メールやSNSを利用している人も多くいると想定される中、実際はどのような方法で送っているのか。年賀状作成に関する悩みとは、どのようなものなのか。「年賀状に関する調査」を行いました。
【調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査対象:20~59歳の男女
総回収数:500サンプル
実施期間:2012年11月15日(木)~11月16日(金)の2日間
【年賀状の利用に関する調査 設問一覧】
Q1.去年、あなたは年賀状をどのような方法で送りましたか。(複数回答)
Q2.あなたが去年の年賀状を作成した際、大変だと思ったことを以下の中よりお答えください。
(複数回答)
Q3.今年、あなたは年賀状を送る予定ですか。(単数回答)
Q4.あなたは今年、年賀状を何通くらい送る予定ですか。(複数回答)
Q5.あなたは今年、どのように年賀状の作成を行う予定ですか。(複数回答)
Q6.あなたは、年賀状をもらった際に、どのように思いますか。(単数回答)


Q1.去年、あなたは年賀状をどのような方法で送りましたか。(複数回答)【N=500】


去年、年賀状をどのような方法で送ったか聞いたところ、1位「はがきで」97.2%と答えた方が圧倒的に多い結果になりました。やはり新年のあいさつは「はがき」という文化が強いと言えるのではないでしょうか。次に続いたのは、現代らしく「メールで」と答えた方で26.2%でした。来年はLINEなどの流行もあり、「SNSなどのメッセージで」と答える方が多くなるかもしれません。「オンライン年賀状サービス」で送っている人は意外と少なく1.8%となりました。まだ「オンライン年賀サービス」について良く知らない人が多いのかもしれません。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング