シリア内戦の国内避難者への緊急支援にご協力ください!

PR TIMES / 2012年12月25日 20時43分

~困窮するシリア国内での生活。厳しい冬を向かえる人々に暖かい毛布を届けたい~

厳しい冬を迎えようとしているシリアの子ども達へ越冬支援物資を送るサポートをしませんか?1,000円で毛布2枚を、5,000円で1家族用食糧パッケージを提供することができます。(現地の治安状況によって変更となる可能性があります)皆様のご協力をお待ちしております。



国内外で緊急支援・復興支援活動を行う国際協力NGO「公益社団法人 日本国際民間協力会(以下NICCO)」(本部:京都市中京区、代表理事:小野了代)は、シリア国内の市民社会組織と協力して、シリア国内で避難している人々への支援を開始します。NICCOは、シリアの隣国ヨルダンに、難民となって逃れて来たシリア人に対して、2012年11月より越冬支援のための防寒具等の支援を開始していますが、もっと困窮しているのは、国境を越えることが出来ずシリア国内に留まって学校、モスク等の避難所や、屋外での避難生活を余儀なくされている人々です。

そこでNICCOはシリア国内の被災者、特に子どもに対して、2012年12月末より食糧や防寒具等の物資を届けるため募金を開始します。お預かりした募金は、NICCO設立以来の支援方針である特定の政治、宗教、人種的立場に一切関与しない徹底した人道主義に基づいて被災者のもとにお届けします。


<シリア人道支援募金の受付>

郵便振替: 01070-5-60791
口座名: 公益社団法人 日本国際民間協力会
(通信欄に「シリア」とご記入ください。備考欄または特殊取扱欄に「免」とご記入いただくと、 手数料が無料となります。)

銀行振込:三菱東京UFJ 銀行 京都中央支店 普通口座 0117408 口座名:公益社団法人 日本国際民間協力会
(こちらはシリア人道支援募金専用口座です。お寄せ頂きました募金は、全てシリア人道緊急支援に活用させていただきます。なお、手数料はご負担ください。)

※領収書について:
領収書ご希望の方は、お振込み日、金額、お名前、ご住所、電話番号をNICCO(TEL:03-3221-5721 / FAX:03-5213-4875、E-mail:info@kyoto-nicco.org)までご連絡ください。


平和の内に年の瀬を迎える日本から、内戦の中で世界から見捨てられた気持ちで冬を迎えようとしているシリアの子ども達のために。額の多少に関わらず、皆様のご寄付によって日本から届く支援は、シリアの人々の心を、きっと勇気づけることになります。

お問合せ先 公益社団法人 日本国際民間協力会(NICCO)
東京事務所 TEL: 03-3221-5721/ FAX: 03-5213-4875 ≪担当:豊島、佐藤≫
京都本部 TEL: 075-241-0681/ FAX: 075-241-0682 ≪担当:吉川≫
E-mail: info@kyoto-nicco.org/ URL: http://www.kyoto-nicco.org

【公益社団法人 日本国際民間協力会(NICCO)の概要】
内閣府認定公益社団法人、特定公益増進法人【寄付金控除】、国連特別協議資格団体
設立:1979 年12 月、 代表者:理事長 小野 了代

1979 年の設立以来、途上国の人々の経済的・精神的な自立を図るため、環境保全型農業に基づく農村開発、職業訓練、緊急災害支援等の分野でアジア、中東、アフリカの各国で活動を展開。緊急支援事業では1995 年の阪神淡路大震災でボランティアとして活動したほか、2008 年にはミャンマーサイクロンと中国四川地震、2009 年にはガザ人道危機とスマトラ島地震、2010 年にはハイチ地震やパキスタン水害の被災者に対して、医療、物資配布、学校再建、心理社会的ケア、住宅再建支援を行いました。2011 年に発生した東日本大震災では、岩手県陸前高田市と宮城県気仙沼市、名取市を中心に、心のケア、東北子どもの夢応援団、東北の名産品づくりによる経済復興支援、農業復興支援、ボランティア派遣等を実施しています。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング