行楽シーズンでは「1週間以内」のキャンピングカー旅行を計画している人が7割

PR TIMES / 2013年3月11日 11時55分

しかし、リタイア世代の増加で、今後は長期化の傾向も

 GWや夏休みなど、行楽シーズンにおけるキャンピングカーユーザーの旅行日数では、7割を超える人たちが「1週間以内」と答えていることが調査の結果分かりました。長期旅行が定着している欧米のキャンピングカー事情にはまだ遠い状況ですが、定年退職を迎える60歳代ユーザーが増えていることを考えると、キャンピングカー旅行の旅行日数は、今後増えていくことが予想されます。



 春は行楽のシーズン。特に今年は景気浮上ムードや3連休の増加などにより、国民の旅行状況は回数ベースでも消費額ベースでも比較的好調に推移すると見込まれています。JTBがこのほどまとめた2013年の旅行動向見通しによると、国内旅行人数が増加し、海外旅行者、訪日旅行者も含めた総旅行人数は前年比0.4%増の3億570万人が見込まれるそうです。
 そこで気になるのが、旅行者の旅行日数。海外では1ヵ月単位で旅行をする人も多いのですが、日本では長期の休みを取りづらく、GWや夏休みなどの行楽シーズンが訪れても、なかなか長期旅行が許されるような環境が整っていません。
 ではキャンピングカーユーザーは、連休などが絡んだ行楽シーズンの旅行に対して、いったいどのくらいの旅行日数を予定しているのでしょうか。「春の行楽シーズンからGW、夏休みぐらいまで」のキャンピングカー旅行について、当協会がホームページにアクセスするユーザーを対象に昨年のGW期に調べたところ、宿泊日数において、76.3%の人が「1週間以内」という回答を寄せていることが分かりました。(※図表1)
 逆に、1週間を超える休みを取っている人は23.7%にとどまり、まだまだ欧米のようなロングバケーションが定着するには時間がかかりそうな様子もうかがえました。
 このことは、当協会が発行する『キャンピングカー白書2012』においてもある程度裏付けられます。同白書では、キャンピングカーユーザーの1回の旅行宿泊日数は「2泊3日」(42.3%)を筆頭に「1泊2日」(29.3%)、「3泊4日」(13.5%)と続いていることを明らかにしています。それらを合計すると85.1%となることからも、今回調査の1週間以内(76.3%)という結果は、ほぼ白書の調査内容を裏付けているといえるでしょう。
 しかし、今後キャンピングカー旅行の長期化が顕著になっていく可能性はあります。同白書によれば、ユーザーの年齢層が年々上がってきており、昨年度では定年退職を迎える60歳代のユーザーが前回調査よりも4ポイント伸ばして全体の34.3%をカウントし、世代ごとの比率でトップに立ったことを明らかにしています。
 このように、定年退職期を迎えるシニア夫婦のキャンピングカー旅行が今後増えていくことを考えれば、将来はその人たちを中心に、キャンピングカー旅行の長期化傾向が顕著になっていくように思われます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング