家族の健康のため・・・、毎朝朝食を作る“頑張りママ”は80%! 希望の新生活も、3人に1人が「不安」 “頑張りママ”のお助けアイテムは、“シリアル”と“キャラクターグッズ”

PR TIMES / 2013年3月28日 14時11分

日清シスコ株式会社(本社:大阪府堺市、社長:森川俊彦)は、間もなく新生活を迎えるこの季節に合わせて、第1子が3歳~5歳の女性500名を対象に、「新生活とママたちの朝食作り事情に関する調査」を実施しました。




■ 「忙しい朝、それでも家族の健康のため」、94%が「毎朝朝食を作るべき」


年度の変わり目を迎える4月は、変化の月。特に、子どもたちの生活は、新しい環境になることで、非常に大きな変化があるものです。そして、その影響を強く受けるのが、ママたちでしょう。子どもたちの生活に変化があれば、もちろんママたちの生活も激変します。そして、慣れない新生活は、さらにママたちを忙しくさせてしまうに違いありません。
日清シスコのシリアル、「シスコーン」シリーズは、美味しさと、栄養の摂りやすさが特長です。そして、何より、非常に手軽に用意することができ、忙しいママたちのお助けアイテムとしても、ピッタリです。
そこで、今回、日清シスコでは、新生活を迎えるママたちの忙しさや、朝食作りの実情を明らかにするために、第1子が3歳~5歳を迎えるママ500名を対象に調査を行いました。


[「調査名:新生活とママたちの朝食作り事情に関する調査」 概要]

調査対象:3~5歳の第1子をもつ女性500名
 ※2013年4月に第1子が幼稚園に通っている予定の人
調査期間:2013年3月1日(金)~2013年3月5日(火)
調査方法:インターネット調査


まず、ママたちに現在の朝時間について聞きました。
はじめに、「普段、朝の時間をどのように過ごしていますか?」と自由回答で聞きました。この質問には、次のような意見があげられました。

・ お弁当作りに、朝ごはんも作らなきゃで、バタバタ。(兵庫県・34歳)
・ 朝5時に起床。自分の化粧を済ませ、子どものキャラ弁を作りながら、朝食も用意します。(福島県・29歳)

ママたちの朝の忙しさがうかがえる結果と言えそうです。実際に、「朝時間は非常に忙しい」というママは、今回の調査対象の85%に上ります。
その忙しさの背景には、朝食作りの大変さがあるようです。先ほどの質問でも、多くの人が朝食作りについて触れていました。朝食作りについては、「家族の健康のためには、忙しくても毎朝しっかりと朝食を作るべきだと思う」というママが94%を占めます。
また、「朝食を作る頻度」についても、80%が「毎日」と回答。「週に5、6日」という人も9%で、9割ものママが、ほとんど毎日朝食を作っているということが分かりました。
忙しい中でも、家族の健康のために毎日朝食を作る。ママたちの大部分は、そんな“頑張りママ”のようです。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング