お金がなくて病院に行かない人も!?~不調があっても病院に行かない3大理由は、「面倒」「まだ大丈夫」「お金がかかる」~

PR TIMES / 2013年3月28日 17時38分

「生活者の“受療行動”※に関する2千人調査」を実施

メディカルライフ研究所は、日本の生活者の受療行動に関する実態や意識を把握するために「生活者の“受療行動”(注)に関する2万人調査」を実施し、この度、第2回リサーチレポートを公表、リリースすることとなりました。
2回目のリサーチレポートでは、長期不調症状や慢性疾患を保有していると認識していながら
「病院に行かない」理由を「生活者の受領行動に関する調査2.」(2012年9月実施)の結果よりまとめました。



メディカルライフ研究所(東京都港区)は、日本の生活者の受療行動に関する実態や意識を把握するために「生活者の受療行動に関する調査」を実施。この度、第2回分析結果をまとめましたので、ご報告いたします。

第1回分析では長期不調や慢性疾患があると認識しつつも、病院に行かない人が多く存在することが判明しましたが、その“病院に行かない”という態度の理由としては、『受診が面倒(病院に行くこと自体が煩わしい)』『まだ大丈夫、と症状を自己診断』『病院に行くとお金がかかる』といった3つの意識が存在していることがわかりました。

これらの背景の1つとして、生活者の医療・疾患に対する理解の不足があると考えられます。不調・疾患の原因や、病院での治療、薬などに対する知識を高め、症状に対する認識を新たにすることで、「受療しなければ」という気持ちが醸成されることも、メディカルライフ研究所の研究で明らかになってきています。当研究所では、引き続き分析を行い、生活者が病院に行くまでの気持ちのメカニズムを解明した「受療行動モデル」を近日発表する予定です。

※“受療行動”:メディカルライフ研究所では生活者が身体の不調を感じてから医療機関での受診にいたるまでの一連の行動を“受療行動”と呼んでいます。

■調査結果 詳細
○ 20代~60代の生活者における、長期不調(半年以上)や慢性疾患を保有していると認識していながら病院に行かない人の、その理由についてみると、「病院に行くのが面倒だった」が最も多く、続いて「症状が軽かった」があげられています。また3位には「お金がかかると思った」があげられ、経済的な面も受診のハードルとなっていることが実態のようです。


○ また、同じく病院に行かない理由の上位3項目を年代別でみると、20代~30代の若年層において「お金がかかると思った」が多くなっており、「病院に行くのが面倒だった」とほぼ同じレベルの理由として上位にあげられています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング