俳優・西島秀俊さんがラ王の世界へ導く  ~ 今までの袋麺には、戻れない。 ~

PR TIMES / 2013年7月17日 12時8分

『ラ王門 醤油篇』2013年7月20日(土)より全国でオンエアスタート!

日清食品株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:三浦 善功 )は、
7月20日(土)より、『日清ラ王 袋麺』の新CM 「ラ王門 醤油篇」のオンエアを全国で開始いたします。




今回のCMは、“「日清ラ王 袋麺」 を食べると、

もう今までの袋麺には戻れなくなってしまう” ほどおいしいというメッセージを伝えています。

「日清ラ王 袋麺」の世界から“戻れなくなる”ことを、巨大で重厚な門(「ラ王門」)をモチーフとして、

象徴的に描いています。

そして、ラ王門の向こう側に広がる世界への案内人役として、俳優の西島秀俊さんを起用しました。

ラ王の世界へ一歩踏み入れることを、期待しつつもどこか躊躇している主婦を、西島さんが優しく導きます。

ラ王門をくぐり、向こう側の世界に待っていたのは、温かみのある素敵な「食」の空間と、

なんともおいしそうな日清ラ王 。ひと口食べると、それはまさに「まるで、生めん。」のおいしさ。

「戻れなくなったでしょ?」 と案内人に優しく問いかけられ、

主婦は本当に『今までの袋麺には、戻れない。』ということを実感します。


◆新CMの見どころ

今回西島秀俊さんが演じるのは、「ラ王門」の前に立ち、門の向こう側のラ王の世界へと導く、

どこかミステリアスな案内人役です。

門の手前にいるときの厳格な表情と、門をくぐった後のラ王の世界の中で見せる優しい表情との違いを

ぜひご覧ください。

“一度食べると「今までの袋麺には、戻れない。」” ほどおいしい、「ラ王袋麺」の世界。

そんな世界へ一歩踏み入れる前と後の、心理的ビフォアーアフターを、

巨大で重厚な「ラ王門」を用いて表現しています。

門の向こう側に待つ素敵な世界を期待させるようなデザインや質感など、

細部までこだわって作り上げた「ラ王門」も、ぜひご覧ください。


◆CM制作秘話

このCMのモチーフである「ラ王門」は、実際の撮影で高さ7m程度の扉を制作し、

扉の細かいデザインや門構えはCGで合成して重厚感のある門に仕上げました。

門の向こうには上質な空間が広がっていることを予感させるよう、

映画さながらの美術設計をして、扉や柱の質感など細部にまでこだわっています。

また、ラ王門の扉が開くシーンでは、CGではなく実際に扉を動かして撮影しました。

巨大な扉の開閉は、なんと美術スタッフが手動で行っています。

左右の扉を同時に開くために息を合わせるのに苦労し、何テイクも撮り直しました。


『ラ王門 塩篇』は8月8日(木)オンエア開始予定!


◆出演者プロフィール

西島秀俊(にしじま ひでとし)

1971年3月29 日生まれ

1994年「居酒屋ゆうれい」で映画初出演。

2002年北野武監督「Dolls」に主演し、国内外から注目される。

テレビドラマ、映画を中心に実力派俳優として活躍中。

近作に「ダブルフェイス」「ストロベリーナイト」「大河ドラマ 八重の桜」等がある。


◆CM概要

■TV-CM名   日清ラ王「ラ王門醤油篇」「ラ王門塩篇」

■放送開始日  「ラ王門醤油篇」:2013年7月20日(土)

        「ラ王門塩篇」 :2013年8月8日(木)

■放送地域    全国

■広告代理店   株式会社 博報堂

■制作会社 株式会社 二番工房


◆商品概要

■商品名     「日清ラ王 醤油5食パック」/「日清ラ王 味噌5食パック」/「日清ラ王 塩5食パック」

■内容量     510g(麺400g)/495g(麺400g)/480g(麺400g)      

■メーカー希望小売価格  各500円(5食入り・税別)

■発売地域       全国

※「日清ラ王 塩5食パック」のみ8月5日(月)発売開始。

「日清ラ王 醤油5食パック」 「日清ラ王 味噌5食パック」 は好評発売中。   

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング