VALUES ネットユーザー行動分析トレンドreport <夏の旅行>

PR TIMES / 2013年7月16日 13時48分

この夏の旅行予定は、海外派 7.1%、国内派 33.2%、行先未定だが旅行検討中 11.2%。夏の旅行予定者がよく閲覧したサイト、検索キーワードとは?

ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸、以下ヴァリューズ)は、一般ネットユーザーの行動ログとデモグラフィック(属性)情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用して、この夏に旅行予定がある消費者のネット行動を分析しました。なお、夏の旅行予定については、2013年6月18日~24日に、全国のVALUESモニターを対象にアンケート調査を実施、その回答者16,395人をネット行動分析の対象としました。




●結果サマリー●

◆この夏の旅行予定 海外派 7.1%、国内派 33.2%、行先は未定だが検討中 11.2%

 6月18日~24日に実施したアンケートで、今年の夏に旅行予定があるかどうか尋ねると、国内旅行派は33.2%、海外旅行派は7.1%、行先は決めていないが旅行を検討中が11.2%となり、合わせると51.5%が、この夏の旅行を予定していることが分かりました。

◆旅行予定者がよく閲覧するサイトランキング

─国内旅行予定者:「じゃらんnet」「楽天トラベル」、ほか「食べログ」の閲覧も高い
─海外旅行予定者:「トリップアドバイザー」「フォートラベル」クチコミ旅行情報も上位

 この夏、旅行を予定している人はどのようなサイトを閲覧しているのか? 旅行を検討していない人との乖離(差)が大きい順に2013年6月の閲覧ランキングを作成し、旅行予定者特有のネット行動の傾向を分析しました。国内旅行予定がある人では、1位「じゃらんnet」次いで「楽天トラベル」となったほか、「食べログ」「Googleマップ」「Yahoo!ロコ地図」「Yahoo!ロコ路線情報」なども上位に入りました。海外旅行予定者では、1位「HIS」2位「JTB」3位「JAL」となったほか、「トリップアドバイザー」「フォートラベル」などの旅行クチコミサイトが上位となりました。

◆ネット閲覧に男女差!女性海外旅行予定者は、Facebook、ブログ、グルメサイトが高い

 旅行予定者がよく見るサイトについて、国内旅行予定者ではほとんど男女差がみられなかったのに対して、海外旅行予定者では男女差があらわれました。「HIS」、「JTB」、「阪急交通社 旅行サイト」は10ポイント以上、男性より女性海外旅行予定者の接触率が高くなっており、女性に強い旅行サイトといえそうです。 また、女性の海外旅行予定者は、「アメーバブログ」、「Facebook」、「Yahoo!ニュース(トピックス)」や「食べログ」「ぐるなび」などのグルメサイト、「楽天市場」でも10ポイント以上男性の接触率を上回っており、情報感度が高く、グルメ・ショッピング好き消費者であることが、今回のネット行動分析結果にあらわれました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング