8月1日リニューアルオープンのソウル新羅ホテル、「アーバンアイランド」公開 ホテルの主要コンセプトを紹介したPRサイトで

PR TIMES / 2013年7月9日 11時51分



 約6ヶ月のリノベーション工事を終え、2013年8月1日に再オープン予定のソウル新羅ホテル(韓国ソウル市 総支配人: 崔太榮)が、野外プールの鳥瞰図と主要コンセプトを公開しました。
 名称も「アーバンアイランド(Urban Island)」に変わった野外プールは、新羅ホテルがグローバルラグジュアリー・ホテルとして飛躍するための核心アイテムの一つです。水泳や日焼けが主な利用目的となる一般的な野外プールではなく、アウトドアダイニングの「アイランド・ビストロ」、アウトドアバーの「アイランドバー」、ラグジュアリー・カバナ等、楽しめる要素がいっぱいのアウトドア・ライフスタイル空間として生まれ変わりました。
 夜間やオールシーズンの運営を目標にするアーバンアイランドは、海外ラグジュアリー・リゾート級の野外プールをソウルでも楽しめるように、温水のプール&ジャグジーを整備し、様々なプログラムを準備中です。夏季以外にも野外プールを楽しめるのは、アーバンアイランドがソウル市内の特級ホテルでは初めてです。
 アーバンアイランドの鳥瞰図と主要コンセプトは、最近開設したPRサイト(www.shilla.net/seoul/jp)で確認できます。PRサイトでは野外プールの他に、客室やエグゼクティブラウンジのコンセプトも紹介しています。また、客室のインテリアを担当した世界的デザイナーのピーター・レメディオスのインタビューもご覧いただけます。
 PRサイトはソウル新羅ホテルの公式サイトをオープンする、8月1日まで運営する予定です。
 今回のリニューアルでは、全客室の改修を中心に、室内外プール、フィットネスクラブ、エグゼクティブラウンジ、フレンチレストラン等も新しく生まれ変わります。客室は1994年の改修以後19年ぶりの工事で、デザインを一新します。最高階の23階にはエグゼクティブラウンジを新設、最高の景色と上質な料理、飲料、サービスが楽しめるラグジュアリー・ラウンジとして、一日4回のダイニングサービスを予定しています。
 また、フィットネスクラブは、世界的な著名人を直接トレーニングしているニューヨークの 「Sitaras fitness」と提携して、グローバルなフィットネスクラブとしてグレードアップします。フレンチレストランの伝説と呼ばれてきたコンチネンタルは、1985年以来28年ぶりに改修を行い、フレンチのファインダイニングをリードする新しいサービスを準備しています。
【ソウル新羅ホテルについて】
韓国の首都ソウルに、南山の美しい自然に囲まれ韓国伝統美とスタイリッシュな感覚が重なり合うコリアンモダニズムのライフスタイル・ホテルです。レストラン・バーラウンジ6店舗の他、宴会場、屋内外プール、スパ、免税店と充実した施設を誇ります。
ホームページ: http://www.shilla.net/seoul/jp
所在地: 202 Jangchung-dong 2-ga, Jung-gu, Seoul 100-856 Korea
電話:82-2-2233-3131(代表)
アクセス:仁川国際空港から車で80分、金浦国際空港から車で40分
      地下鉄3号線 東大入口駅

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング