注目が集まる“産前・産後ケア”サービス・水口病院「バースアドバイザー」サービス導入開始 ~全員が助産師資格を持つ「バースアドバイザー」が専属対応~

PR TIMES / 2013年11月28日 14時24分

“妊娠を共有”する時代へ…ママはもちろん、パパの不安・悩みもサポート

医療法人財団 緑生会 水口病院(東京都武蔵野市)は、このたび、産前・産後ケアサービスの一環として、ひとりの患者につき、ひとりの助産師が専任でサポートをする「バースアドバイザー」サービスを導入いたします。「バースアドバイザー」は、妊娠が分かった段階から、赤ちゃんを産んで子育てに入った後まで、専任でママの希望や悩みに応え、同時にパパによる妊娠・育児のサポートも、随時おこなってまいります。



■ 高まる“産前・産後ケア”サービスの需要…水口病院の「母になる」サポート

 産前・産後のママがひとりで悩みを抱えてしまうことが、ニュースなどにも取り上げられ、問題化している昨今。ママに限らず、一緒に「親」になるパパも、初めての体験にとまどう方が多く、ママへのサポートも不十分になってしまいがちなのではないでしょうか。こうした背景から、産前・産後ともにママ・パパをサポートするサービス・体制の需要は、今後ますます高まっていくと考えられます。このたび水口病院が新しく展開する、「バースアドバイザー」サービスは、こういったママ・パパを、専任のアドバイザーがフルサポートするものです。
 水口病院はこれまでにも、入院患者をサポートする「コンシェルジュ」による、産前・産後のママたちのサポートをおこなってまいりました。当院では、妊娠・出産・育児は、人生でも最も大きく、大切な思い出のひとつとなるものだと創業当初より考えております。この大切な思い出が、より素敵なものとして記憶に残ってほしいという思いをこめて、「母になる」女性と、「父になる」男性をサポートするための体制を強化したのが、「バースアドバイザー」サービスです。

■ 全員が助産師資格を持つ「バースアドバイザー」が、不安も悩みも解決!

 「バースアドバイザー」サービスにおいて、専任アドバイザーを務めるのは、全員が助産師資格を持つスタッフです。何がママ・赤ちゃんにとって良いのか、ママの悩みや不安を解決するのはどのような手法があるのかについて、専門的な視点から、きめ細やかなサポートをおこなってまいります。
 また、パパが“育メン”になるためのサポートも、万全の態勢でご用意しております。待合室は男性誌を設置するなど、パパでも居心地の良い場所となるよう心がけ、そして定期検診室や分娩室も広めの設計で、一緒に診察が受けられるようになっております。ほかにも、ママ・パパふたりで参加いただけるアクティビティなどもご用意いたしました。当院では、これからは、パパもママの“妊娠”を共有する時代であると考えています。これまでの経験から、産前・産後のママ、赤ちゃんの幸せには、パパの協力、共感が必要不可欠であると感じるためです。妊娠・出産・育児における悩みや嬉しさを共有し、お互いに支えあうことが、赤ちゃんの幸せ、そして、ふたりの人生の素晴らしい思い出に繋がるはずです。

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング