「AMNESIA」ミュージカル化決定!

PR TIMES / 2013年10月17日 16時3分

ゲームからアニメ、アニメからミュージカルへ… 大人気乙女ゲーム「AMNESIA」の世界が、舞台でよみがえる!!

2014年新春、銀座・博品館劇場にてミュージカル『AMNESIA』の公演を行うことが決定致しました。
日程は、2014年1月9日(木)から19日(日)までの10日間全15公演。
『AMNESIA』はアイディアファクトリー(オトメイト)より2011年8月18日に発売されたPlayStation Portable用乙女ゲームです。同ジャンルのゲームとしては異例の大ヒットを記録しており、今年の1月にはテレビアニメ化されるなど今注目の作品です。




本舞台においては、恋愛シュミレーションゲームである原作の特性を活かすべく、
キャラクターのルートを表現するため5パターンのエンディングを用意しました。
また、5人の「彼」には原作イメージに沿って選ばれたキャストが登場。


無愛想で一途なシン役にはバンド『カスタマイズ』のボーカル&ギターであり、
本作が初舞台・初主演となる栗原吾郎。
魅惑で女性を虜にするイッキ役には印象的な真っ直ぐな瞳でオーディション会場でも審査員を魅了していた、畠山遼。クールで合理的なケント役には役と同じく理系のバックグラウンドを持ち、知的な雰囲気がただよう小林 涼。大事な人を守るための手段は選ばない慈愛と狂気のトーマ役には歌とダンスで強い存在感を残す井澤勇貴。
そして、物語の鍵を握る謎の青年ウキョウには幅広い演技力で定評のある磯貝龍虎が演じる。


キャラクターの等身や身長差までこだわって選ばれたまさにキャラクターを体現できるキャストが集まりました。

チケットの発売は、オトメイトモバイル先行が2013年10月24日(木)より抽選申し込みがスタート、一般プレオーダーを11月9日(土)より予定しております。

舞台でも是非、色とりどりの恋愛模様を、どうぞお楽しみください。


●STORY

とある架空世界の、とある架空の国の、とある架空の街での物語。 それは、8月1日のこと。
朝、目覚めた主人公は、突如として8月1日以前の記憶を『全て』失ってしまっていた……。
自分がどのような人生を送ってきたかも、周囲の人間関係もまっさらな白紙の状態。
そんな彼女の前に現れたのは、自身を『精霊』と名乗るオリオンという少年だった。
オリオンの導きにより、記憶を取り戻すために奮闘していく--。
誰を信用するべきかわからない状況で、周りに記憶喪失を悟られないよう行動しなければならない主人公。
そして、物語は複雑に絡み合い、5人の『彼』との新たな物語が動き始める--。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング