「消費税増税をチャンスに変えるマーケティング戦略!」博報堂、企業向けセミナーを開催。

PR TIMES / 2013年10月2日 18時55分

消費税増税後も生活者に選ばれ続ける企業や商品であるために、どんな価値を提供すべきか様々な角度から最新の分析やソリューションを紹介。

2014年4月、消費税率8%への引き上げが決定したことを受け、
博報堂は「潮目の変化をチャンスに変える!」~生活者に選ばれる価値を創りだすために~
と題したセミナーを11月13日赤坂にて開催します。
新商品開発や事業戦略、マーケティング、ブランディングに携わる方々、必聴の内容です。

【博報堂Consulactionセミナー】
消費税増税「潮目の変化をチャンスに変える!」
               ~生活者に選ばれる価値を創りだすために~

ここ数年静かに進行してきた生活者価値観の底流変化が、消費税増税を機に一
気に加速しようとしています。
博報堂では専門チーム「消費税対策研究プロジェクト」を立ち上げ、7月には
駆け込み需要対策をテーマに第1回のセミナーを開催。

今回のテーマは「増税後」。生活者に選ばれ続ける企業や商品であるために
どんな価値を提供し、どのような絆を結んでいけばよいのか?

様々な角度から、最新の分析やソリューションをご紹介します。
新商品開発や事業戦略、マーケティング、ブランディングに携わる方々へ、
必聴のセミナーです。皆様のご参加お待ちしてます。

◆日程や会場、参加申込はこちら
http://as.xa.ad-traffic.jp/ADCLICK/CID=0000047B57848D657C6F25FE/HASH=1GC39

<開催日時・場所>
2013年11月13日(水)15:00~18:00(受付開始14:30)

場 所:博報堂 13階(赤坂サカスBizタワー内)
参加料:無料
定 員:100名(定員を超えた場合は抽選とさせていただきます)

<お申し込み締め切り>
2013年10月28日(月)

<内 容>
■ファシリテーター挨拶
(博報堂消費税対策研究プロジェクトリーダー 辻田敏宏)

■セッション1
これからの生活者に効く「価値」とは何か?
~新しい欲求をとらえるための時代考察~
(講師:博報堂生活総合研究所 発想NEXTグループ 中村隆紀)

1.踊らない・浮かれない生活の欲求底流
2.短期的な家計効率から、中長期的な生活再構築へ
3.本当の幸せを探し始めた、生活者の時代変化

■セッション2
「志」起点のブランディング
(講師:博報堂ブランドデザイン 代表 宮澤正憲・ディレクター 竹内慶)

消費税増税がもたらす潮目の変化により、ブランディングの重要性はますます
高まります。そこで求められるのは、表層的なイメージづくりではなく、本質
的な存在意義を明確にすること。「志」を起点に、社会にとって有意義なブラ
ンドをつくるブランディングの考え方をお話しします。
 
■セッション3
「ブランド・プライシング」
           ~激変する価格競争市場でのポジショニング戦略~
(講師:博報堂コンサルティング 執行役員 牧口松二)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング