LEDメーカーLumileds社、コグネックスのバーコードリーダを使用して、完全なトレーサビリティを実現

PR TIMES / 2013年11月21日 19時2分

コグネックス製品は世界中でどのように使用されているのか―
NEWS LETTERを通してコグネックス製品の活用事例をご紹介させていただきます。

画像処理のトータルソリューションプロバイダであるコグネックス株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:井上 誠、以下コグネックス)では、世界中のあらゆる製造現場で使用されているコグネックス製品の活用事例をご紹介しております。今回はLEDメーカーのLumileds社の活用事例をご紹介致します。


Lumileds社のマレーシア ペナン島の発光ダイオード(LED)製造工場では年間生産量が8億個にのぼり、生産された部品は世界中に輸出され、主にLEDテレビ受像機や自動車用照明に使用されています。その製造ラインは、オーブン処理や回路試験、完全性試験など多数の製造工程に分かれています。この工場では、完成した部品が各工程を通過し、必要な試験に合格したことを検証するために、コグネックスのDataMan(R)バーコードリーダを使って、個々のLEDストリップにレーザでマーキングされた二次元コードを各製造段階で読み取るという信頼性の高いトレーサビリティシステムを採用しました。


<概要>
■課題
完成した部品すべてが製造工程の各段階を経て、必要な試験に合格していることを検証して、完全なトレーサビリティを実現したい。

■解決策
Lumileds社は、コグネックスのDataManバーコードリーダを使用して、個々のLEDストリップにレーザでマークされた二次元コードを製造の各段階で読み取るという信頼性の高いトレーサビリティシステムを採用。

■利点
DataManバーコードリーダの使用により、読み取り操作の全体的なパフォーマンスが90%から100%に向上。


<詳細>
■課題
LEDの製造に使用される材料は、さまざまな国のさまざまなサプライヤから供給されています。LEDへ二次元コードをマーキングするために使用されるレーザマーカの品質が、サプライヤによって異なっており、コードの印刷品質にばらつきが生じる原因となっています。使用されるセラミックの種類が異なると、問題はさらに複雑になります。また、部品が非常に小さいため、二次元コードのサイズは通常2mm未満です。さらに、LEDにはオーブン処理も施されます。この処理では、基板表面にあるパッドによって電子部品のリード線が基板に接合されます。接合に使用されたはんだを乾かすために加えられる熱(約300℃)が原因で、コードが変形することがあります。当時、Lumileds社が使用していたバーコードスキャニングシステムでは、こうした悪条件でのコード読み取りでは、読み取り率100%を達成することができませんでした。その原因の1つとして、当初工場内に配置されていたハンドヘルド型のスキャナが、高速で移動する製造ラインでの高速バーコード読み取り用に設計されていなかったことです。「読み取り不可」エラーが発生するたびに、オペレータが手動で情報を入力しなければならず、その都度、製造工程全体が中断していました。その上、生産量が
徐々に増加するに伴い、大量の部品を高速処理できる信頼性の高いソリューションの必要性がますます高まってきました。

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング