ボーガスウエア配布サイトの検知が増加、 Windows(R) 8.1発売に合わせてMicrosoft(R)製品の偽販売サイト検知が増加

PR TIMES / 2013年11月11日 16時35分

~インターネット詐欺リポート(2013年10月度)~

ソフトバンクグループのBBソフトサービス株式会社(本社:東京都港区、社長:溝口 泰雄、以下「BBソフトサービス」)は、2013年10月度のインターネット詐欺リポートを発表します。このリポートは、日本のインターネット利用者が直面するネット詐欺の脅威とネット詐欺に対する注意喚起を目的として、BBソフトサービスの「Internet SagiWall(TM)(インターネットサギウォール)」が検出・収集した危険性の高い詐欺サイトの分析結果と、インターネット利用者の意識調査の結果を報告するものです。



■ネット詐欺サイトの検知数(2013年10月度)
「Internet SagiWall(TM)」による10月度の調査では、インターネット詐欺サイトの検知数は76万2,005件で、前月と比べて14.1%増加しました。ネット詐欺の種類別では、ワンクリック・不当請求詐欺サイト88.5%(前月比9.7ポイント減)、フィッシング詐欺サイト1.4%(前月比0.6ポイント増)、マルウエア感染サイト0.1%(前月比0.2ポイント減)、ボーガスウエア配布サイト12.2%(前月比12ポイント増)、ぜい弱性悪用サイト0.6%(前月比0.1ポイント増)を検知しました。


■OSごとのネット詐欺種類検知率(Windows/Android/iOS)


ワンクリック・不当請求詐欺サイト 11.32%/99.28%/89.73%

フィッシング詐欺サイト 7.40%/0.25%/2.95%

マルウエア感染サイト 1.40%/0.02%/0.00%

ボーガスウエア配布サイト 77.66%/0.18%/7.19%

ぜい弱性悪用サイト 2.22%/0.27%/0.13%


10月は、ボーガスウエア配布サイトの検知が大幅に増加しました。「ad.yieldmanager.com」というトラッキングクッキーのプログラムが、詐欺サイトの広告をユーザーに表示させていました。トラッキングクッキー自体は有害なものではありませんが、表示される広告のランディングページが偽ソフトウエアのダウンロードサイトとなっていました。9月から10月にかけて多く見られましたが、現在は終息している状況です。

トラッキングクッキーとは?
ユーザーが閲覧したウェブサイトの傾向を収集するcookie(クッキー)。ブラウザーを通してどのようなサイトを閲覧したかというデータを収集し、ユーザーの興味・関心を調査する。主に広告出稿で利用されることが多く、収集したデータを基にユーザーに最適化した広告を配信する際に利用される場合が多い。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング