OpenTable の iOS用アプリが iOS7対応にアップデイト

PR TIMES / 2013年12月12日 18時14分

 レストランをお探しのお客様向けリアルタイム・オンラインレストラン予約サイトの運営、ならびにレストラン向け予約管理・顧客管理システム「OpenTable(R)」の提供を行っているオープンテーブル株式会社(本社:東京都渋谷区、以下オープンテーブル社)は、最新OSであるiOS7対応にアップデイトした、新バージョンのiOS用アプリ(OpenTable JP)をリリースいたしました。




【洗練されたデザインとより快適な操作性を実現】

 新しいiOS用アプリでは、iOS7に合わせてユーザー・インターフェイスが刷新されました。新OSに合わせ作られた洗練されたデザインは、アップル社のiOS7発表の基調講演でも紹介された様に、先行してリリースされたアメリカにおいて高い評価を得ています。
 さらに、予約条件の指定や絞り込みの操作性も、従来のバージョンに比べ大きく向上しました。
現在地からの距離、ユーザー評価などの項目によるソート機能に加え、予算やエリア、料理ジャンルによる絞り込み機能が加わったことで、ユーザーはより簡単に自分の希望にマッチしたレストランを探すことができるようになりました。また、マップ画面から最寄りの店舗を探す機能も加わり、直感的な操作性がアップしました。

【いつでも、どこでも、確実な予約を簡単に】

OpenTableのiOS用アプリは、スマートフォンならではの直感的なタッチ操作によって、いつどこにいても素早く簡単にレストラン予約を行うことのできるiOS用の無料アプリです。
  iOS用アプリではウェブサイト同様、即時にレストランの空席検索ならびに予約を行うことができるほか、以下のような機能が利用可能です。

・現在地から近いレストランを探して、空席情報を検索する
・エリアやレストラン名を指定して、空席情報を検索する
・距離・評価などで、検索結果の並び順を変更する
・予算、エリア、料理ジャンルで検索結果を絞り込む
・希望の時間に加え、前後の時間の空席も照会する
・レストランの基本情報やメニュー、口コミを見る
・一緒に出かける相手に予約内容を電子メールで送る
・アカウントを作成して会員登録(無料)する
・マイページが利用できる(予約状況、ポイントの確認などが可能
 (会員機能)

 もちろん、予約時間や人数の変更も簡単に行うことができます。

 アプリの利用やレストラン予約は会員登録を行わなくても利用
可能ですが、会員登録されるとウェブでの利用と同様にダイニング
リワードポイントを獲得することができ、溜まったポイントに応じて
ギフトカードと交換できます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング