ダイアログ・セミコンダクター、クアルコム社のクイックチャージ2.0規格に準拠した充電ICを日本のスマートフォン市場へいち早く導入

PR TIMES / 2014年5月20日 11時45分

ダイアログのソリューションが効率と電力密度で最も優れているとホシデンが評価 日本の大手電気通信事業者向けのクイックチャージ2.0対応アダプタに採用

英国・ロンドン、2014年5月19日- 高度に集積されたパワーマネジメントIC、AC/DC、固定照明機器、近距離無線技術のプロバイダーであるダイアログ・セミコンダクター(FWB: DLG) は、クアルコム社のクイックチャージ2.0規格に準拠したAC/DCアダプタ・インターフェイスICであるiW620の日本向け量産出荷を開始したと発表しました。出荷先は、スマートフォンなどの携帯デバイス向け充電器の大手メーカーであるホシデン株式会社をはじめとする、日本のスマートフォン充電市場です。iW620と共に出荷されるiW1760 PrimAccurate(TM)は、一次側デジタル・コントローラであり、クイックチャージ2.0規格に対応したホシデンのCBC2112アダプタに搭載されます。このアダプタは日本の大手電気通信事業者向けに設計されたものです。

ホシデン株式会社 大阪第三事業部 技術部 部長 平井健治氏は次のように述べています。「我々はダイアログ・セミコンダクター社の急速充電における小型化、デジタルAC/DC電源制御の効率化技術で長年の経験と実績を活かして開発されたiW620を採用することで、高効率で高精度出力のクアルコム社 クイックチャージ2.0 準拠の急速充電用AC Adapter CBC2112を開発することができました。 また今回の新製品は、使用する機器により3電源出力(5V,9V, 12V)の自動切替に対応し、従来品(5V系)と比較して高容量・高出力であることに加え、高精度な出力やPLC(電力線通信) 弊害対策にも考慮した設計となっています。今後、当該クイックチャージ2.0規格の普及と共に市場が拡大するものと期待しています」

充電時間の短縮は、スマートフォン・タブレット市場で最も切実に求められている要求のひとつです。電力を大量に消費するアプリが次から次へと出現するため、バッテリーの大容量化と、更なる充電時間が必要となる中で、消費者は逆に更に充電時間が短くなる製品を求めています。クイックチャージ2.0はQualcomm Technologies, Inc.が提唱している規格であり、スマートフォンやタブレットのような携帯デバイスの充電速度を、従来のUSB充電技術と比べて最高75%まで高速化することが可能です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング