米国発リクエスト型写真素材サイト “Snapwire”が日本で展開開始

PR TIMES / 2014年10月6日 13時31分



インターネットビジネスの運営を手がける株式会社gram30(本社:東京都渋谷区、代表取締役・内田洋輔)は、提携する米国発のリクエスト型写真素材サイト「Snapwire」(https://www.snapwi.re/)のアジア展開の第一歩として、日本語版のSnapwireを公開しました。

株式会社gram30は「Snapwire」を運営するSnapwire Media,Inc.(本社:アメリカ サンタバーバラ、CEO:Chad Newell)の日本展開にあたってのパートナー企業で、日本におけるSnapwireサービスの企画ならびに運営を行っております。今回の日本展開開始により、iOSアプリ及びWEBサイトの日本語での利用が可能になりました。今後は、国内企業からの写真の募集やフォトグラファー向けの交流イベントなど、日本独自企画を予定しております。

また、本国では、米国時間の2014年9月30日に、アドビシステムズ社との新SDKに於ける提携を発表しました。この提携により、Snapwireにはアドビシステムズの新Creative SDKが実装され、修正・調整・加工・Adobeプリセットなど、Adobe Photoshop Lightroom及びPhotoshop Expressと同等の機能が、Snapwire内にて無料で利用することができます。

Snapwire上での同SDKの機能に関しては、10月4日~8日にロサンゼルスで行われるAdobe MAXイベント内においても紹介されます。

【Snapwireについて】
Snapwireは、新世代のフォトグラファーと、企業・ブランド・デザイナー・出版・クリエイティブ関係者などを繋げる、国境を越えたプラットフォームです。 2014年3月より米国で正式にリリースされ、現在までにRED BULL、ELLE、Denny’s、verizonなど、業界を問わず世界的企業が利用しています。

特徴的機能としては、バイヤーが欲しい写真素材を依頼すると、独自の審査を通過したフォトグラファーが最適な写真素材を提供する「リクエスト」。世界中の才能あるフォトグラファーを日々発掘する、全レベルのフォトグラファーが投稿可能な「チャレンジ」。そしてSnapwireが厳選した作品だけを集めたストックフォトマーケットプレイス「コレクション」などが挙げられます。また、フォトグラファー個人のポートフォリオなど、Snapwire上にある作品は全てロイヤリティーフリーで購入が可能です。不正なダウンロードやコピーなどは出来ない仕組みになっており、フォトグラファーの報酬は「リクエスト」経由での販売が売上の70%、「コレクション」経由での販売が売上の50%と、業界最高水準の報酬率となります。加えて、販売後もコピーライトはフォトグラファーに帰属するなど、フォトグラファーにとっても非常に有益な機能を搭載しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング