女性潮流研究所 「2014年上半期 女性の気分トレンド」発表

PR TIMES / 2014年7月2日 11時21分

「ハズシファッション」「ふわとろ母性女子」「オシャレエロ」「楽おしゃママ」「おうち健活」

商品企画のプロのためのトレンド分析を行う女性潮流研究所(運営会社:株式会社ビューティブレーン、所在地:東京都港区、代表:廣瀬知砂子)は、女性誌見出し分析と独自調査による「2014年上半期 女性の気分トレンド」を発表します。



===================================================
【プレスリリースダウンロード】http://prtimes.jp/a/?f=d9093-20140702-3743.pdf
===================================================

◆2014年上半期のトレンドは「U・R・K(浮かない・楽ちん・感じがいい)」

「女性潮流研究所」は広告・出版・メーカーなどの現役のプランナーを社外研究員に迎え、商品企画のプロに特化したトレンド分析を行っています。毎月、女性誌約90誌(年間5000本)もの見出しを定点観測し分析する独自の手法を使い、さまざまな企業や専門メディアへの情報提供を行っています。毎月発行しているプロ向けの「月刊 女性潮流研究所」の総まとめとして、2014年上半期の女性の気分トレンドを表す5つのキーワードを発表します。

2014年上半期のキーワードは
「ハズシファッション」「ふわとろ母性女子」「オシャレエロ」「楽おしゃママ」「おうち健活」

景気回復が叫ばれ、「プチプレミアム」がトレンドワードになった2014年上期。女性トレンドでは、消費に派手さは見られず、自然体重視の消費行動が目立ちました。女性トレンド全体の鍵は「(他人から)浮かない」「(自分が)楽ちん」「(他人からも自分でも)感じがいい」で、略してU・R・Kの条件に当てはまるものが流行しました。

【2014年上半期 女性の気分トレンド】(女性潮流研究所の独自調査・分析による)
1.ユニセックスアイテムで「ハズシファッション」

去年までは見られなかった「トレンチコート」と「靴下」が流行したのが今年上期の特徴です。トラッドへの原点回帰という見方もありますが、それだけでは大ブレイクの説明にはならないでしょう。ユニセックスなアイテムの流行の背景には、これまでのふわふわ・ひらひら「ゆるふわガーリー」なファッションから、アイテムひとつでイマドキオシャレに変身できる手軽さにあります。特に「靴下」は大ブレイク。スニーカーはもちろん、サンダル、ヒールパンプスに合わせる新しい使われ方で、ボーイッシュカジュアルの10代から、こなれモード系の30代・40代に至るまで、年齢もジャンルも実に幅広い層に受けたのです。いつものファッションに靴下を履くと、ミスマッチなコーディネートになります。そのミスマッチ感こそがオシャレの鍵。イマドキオシャレの条件である「ハズし」「こなれ」感が手軽に出せるというわけです。また、身体にやさしいというのも靴下ブームを支えるひとつの理由です。生脚ブームが続いてきましたが、冷えに悩む女性の間では、靴下のメリットが見直されてきています。手軽にイマドキになれる、安く手に入る、健康にもいい、成熟した日本のファッション市場で大ブレイクするアイテムには、必ず「オシャレ」以外の女性に嬉しいメリットあるというのはここ数年間の共通した傾向です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング