「内閣府FIRST研究成果ビジネスマッチングシンポジウム in 京都」開催のお知らせ

PR TIMES / 2014年1月27日 9時15分

世界へ飛翔する日本の医療産業――動き出した未来戦略

皆様

平素より、大変お世話になっております。

この度、日経BPコンサルティングは、「内閣府 FIRST研究成果ビジネスマッチングシンポジウムin 京都」を2月10日(月)に、京都市の京都産業会館で開催いたします。

本シンポジウムでは、日本の医療産業の課題は何か、成長産業に向けての未来戦略はどうあるべきか、科学技術政策の役割は何か、などについて、産学官のリーダーが率直に意見を交わします。医療産業に関わるすべての人にとって、研究開発の指針、あるいは事業革新のヒントを発見できる会議を目指します。ぜひ会場に足を運んで、医療産業の明日をともに考え、白熱する議論を共有してください。

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。



         「内閣府FIRST研究成果ビジネスマッチングシンポジウムin 京都」
         世界へ飛翔する日本の医療産業――動き出した未来戦略
              ◇◆2014年2月10日(月)開催◆◇
          ──iPS細胞の山中教授、免疫研究の審良教授などが講演──
          総額1000億円の科学技術研究プロジェクトの成果がここに!

 日経BPコンサルティング(本社:東京、社長:戸田雅博)は2014年1月27日、「内閣府 FIRST研究成果ビジネスマッチングシンポジウムin 京都」を2月10日(月)に、京都市の京都産業会館で開催することを発表しました。本シンポジウムは、平成25年度「最先端研究 開発支援プログラム(FIRST)の公開活動」事業の一部を日経BPコンサルティングが内閣府より受託し、開催するものです。

日本経済の成長戦略を担う柱の一つとして位置付けられる医療。これまで治らなかった病気に対する革新的な治療法として期待される再生医療や、免疫のメカニズムを利用した新しい抗体医療、副作用の少ない次世代の放射線治療など、日本には国際的に優位にある先端医療研究が少なくありません。しかし、さまざまな理由から、こうした研究成果が日本の産業競争力に結び付いていないのが現状です。今、求められているのは、最先端の科学技術研究の実用化戦略であり、産業応用への道筋です。

本シンポジウムでは、FIRSTの中心研究者と産業界のリーダー、政策リーダーが一堂に会し、FIRSTの研究成果をいかに新産業の創出につなげるかについて考えます。日本の医療産業の課題は何か、成長産業に向けての未来戦略はどうあるべきか、科学技術政策の役割は何か、などについて、産学官のリーダーが率直に意見を交わします。医療産業に関わるすべての人にとって、研究開発の指針、あるいは事業革新のヒントを発見できる会議を目指します。ぜひ会場に足を運んで、医療産業の明日をともに考え、白熱する議論を共有してください。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング