一人暮らし高齢者向けコミュニケーション型見守りサービス 「つながりプラス」の全国提供を開始

PR TIMES / 2014年4月17日 16時42分

一都三県の居住者からの「実家の両親が心配」などの声を受け4月21日(月)より

株式会社こころみは、一人暮らし高齢者とご家族の距離を縮める、新しいタイプのコミュニケーション型見守りサービス「つながりプラス」の全国提供を4月21日より開始いたします。
※「つながりプラス」について、詳しくはこちら⇒ http://tsunagariplus.cocolomi.net/



株式会社こころみ(東京都渋谷区)は、一人暮らしの高齢者向け見守りサービス「つながりプラス」の全国提供を4月21日(月)から開始します。
弊社では、一人暮らし高齢者への初回訪問と毎週2回の電話、その都度のご家族への報告レポートを行う、新タイプのコミュニケーション型見守りサービス「つながりプラス」の提供を今年2月1日に開始しました。当初は対象を一都三県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)に限定しておりましたが、「北海道に住んでいるが、道内に住む親の見守りをお願いしたい」「田舎に一人で暮らす親が心配だ」など全国各地のお客様からご要望をいただきました。そこでサービスエリアを拡大し、北海道から沖縄まで日本全国を対象とすることにいたしました(*一都三県以外は初回訪問時の交通費負担があります)。
全国利用の開始に伴い、4月21日(月)から6月30日(月)まで「つながり全国キャンペーン」を実施いたします。期間中は、通常初回訪問時に必要な交通費が全国どこでも無料となるほか、「入会金無料」と「月額利用料3ヶ月間5,000円引き」の特典があります(*価格はすべて税抜き)。今回、試験的に全国の皆様が利用しやすいキャンペーンを実施することで、地域によるニーズを把握し、今後のサービス展開に活かしていきたいと考えています。

<つながりプラスのサービス内容>

「つながりプラス」は、ご利用者ごとに個別の担当者が、初回時に直接訪問してご面会します。その後、同じ担当者が毎週2回約10分間の定期電話を行います。一度面会して「顔見知り」になった担当者が電話するため、会話はスムーズになり、ご利用者はご家族に言いにくい悩みなどを気軽に話せます。担当者は、会話内容をその都度メールでご家族にレポートします。会話の内容だけでなく、雰囲気や話し方までお伝えするため、ご様子がしっかり把握できます。
*詳しくはサービス紹介動画をご覧ください。https://www.youtube.com/watch?v=HPSnIDlHx5g

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング