~新しい“桜”に出逢える6週間~ ホテル椿山荘東京「桜センセーション」プラン開始

PR TIMES / 2014年2月27日 13時45分

夜桜ライトアップ、お花見ブッフェ、桜ステイプラン… 2014年は“何度でも”桜を楽しむ春に

 ホテル椿山荘東京(東京都文京区・総支配人:浦嶋 幸一)では、2014年3月1日(土)~2014年4月13日(日)まで、「桜センセーション」と題した期間限定プランを提供いたします。ホテル椿山荘東京が誇る庭園内でのお花見を始め、この時期にしか味わえない「桜ブッフェ」、「さくらアフタヌーンティー」や、「桜ステイプラン」、さらにはプレゼントキャンペーンなど、ホテル全体にわたって桜を存分にお楽しみいただけるプランを展開してまいります。期間中を通して、常にひと味違う“桜”をご用意した本プランは、“桜”の新しい楽しみ方を発見できる内容に仕立てております。



■ 21品種・約120本が咲き誇る6週間…まずは庭園散策×ホットドリンクから
 ホテル椿山荘東京のお花見は、一般よりひと足早くスタートします。まだ寒空の中、2月下旬より河津桜や寒緋桜の開花が始まり、続いて伊豆多賀桜や東海桜、さらに3月下旬に園内の染井吉野が満開を迎える頃には、神田川沿いの約2kmにもおよぶ桜並木も見ごろを迎えます。庭園内にある21品種、約120本の桜が次々に咲き競い、4月中旬に八重咲きの枝垂れ桜でようやく幕を閉じるまで、約6週間もの間、桜に満ちあふれた時間をお過ごしいただけます。

 このたび2014年3月1日(土)より展開する「桜センセーション」は、“毎日がお花見日和”となる当ホテルの桜を存分に堪能いただくべく、特別にご用意したプランです。

 期間中、庭園内のお花見を存分にお楽しみいただくために、まず、品種ごとの開花予測を掲載した「お花見カレンダー」や、庭園内外の桜分布をご覧いただけるマップを配布しております(「桜センセーション」リーフレット内掲載)。庭園散策で冷えた体を温めるためには、「HOT ドリンク・ガーデン」と題し、咲き誇る桜の木々を眼下に眺めるビューポイントである空中庭園「セレニティ・ガーデン」において各種ホットドリンクをご用意しております。また、日没後には毎晩、「夜桜ライトアップ」を実施いたします。環境にやさしいLEDライトを使用し、桜が最も美しく映えるように設計したライティングは、時間帯によって照明がゆっくりと変化。様々なシーンがご堪能いただける演出を取り入れました。やわらかな光に浮かびあがる、幻想的な夜桜も必見です。
 さらに、悪天候の場合でも艶やかな桜をお楽しみいただけるよう、館内のホテルロビー、および「ル・ジャルダン」においては、桜の生け込みでつくられた「桜アレンジメント」を設置いたします。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング