Avere Systems 社製「FXT」の取り扱いを開始

PR TIMES / 2014年9月25日 12時11分

NAS 環境の課題を解決するハイブリッド クラウドNAS

テクマトリックス株式会社は、企業ユーザ向けのハイブリッド クラウドNAS「FXT」を提供するAvereSystems, Inc.との販売代理店契約を締結し、2014年9月5日より販売を開始致しました。
近年、企業内ではNASの導入やクラウドストレージへのニーズが増えていますが、同時に管理コストの増大や、ストレージのパフォーマンスなど、様々な課題が顕在化してきています。Avere FXTは、Amazon S3 などのクラウドストレージとオンプレスミスのNAS を統合し、同時にパフォーマンスも向上させるハイブリッド クラウドNAS製品です。Avere Systems, Inc.と販売代理店契約を締結したのは、国内では当社が初となります。



テクマトリックス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:由利 孝、以下 テクマトリックス)は、企業ユーザ向けのハイブリッド クラウドNAS「FXT (エフエックスティー、以下 Avere FXT)」を提供するAvere Systems, Inc.(以下、Avere Systems 社)との販売代理店契約を締結し、2014年9月5日より販売を開始致しました。

近年、企業内では増大する非構造化データの格納先として多数のNAS が利用され、拠点や部門単位でもNAS導入が進んでいます。また、オンプレミスのNAS 以外にも容量単価を抑えたAmazon S3 をはじめとするクラウドストレージのニーズが高まっています。結果として、統合されていない様々なストレージを利用することで、管理コストの増大や、ストレージのパフォーマンスなど、様々な課題が顕在化してきています。
これら課題を解決するために、テクマトリックスでは、Amazon S3 などのクラウドストレージとオンプレスミスのNAS を統合し、同時にパフォーマンスも向上させるAvere Systems 社のハイブリッド クラウドNAS の取扱いを開始致します。Avere Systems 社と販売代理店契約を締結したのは、国内では当社が初となります。
Avere FXT は、クラウドストレージとオンプレミスのNAS ストレージを仮想的に統合し、クライアントに対して1 つのボリュームとして見せることが可能です。Avere FXT クラウドNAS の ゲートウェイ機能により、クラウドストレージをNAS ストレージと同様に扱うことが可能です。また、Avere FXT はデータのキャッシュ機能を備えており、データアクセスの高速化を実現します。これらAvere FXT の機能により、NAS ストレージの高速化を実現すると共に、クラウドストレージを、オンプレミスのNAS ストレージと同様の操作性とパフォーマンスで利用することを可能にします。
Avere FXT は、統合したストレージ間でのデータのレプリケーションやミラー機能も有しており、ディザスタリカバリーや、ストレージシステムを使い続けながらのデータ移行も可能です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング