10年後の海外旅行はこう変わる!スカイスキャナー、未来旅行白書「2024年の旅行」発表

PR TIMES / 2014年4月10日 14時17分

 海外旅行検索サイト、スカイスキャナー(本社:ロンドン、代表取締役社長:グリース・ウィリアムズ)は未来の海外旅行に関する白書「Future of Travel 2024(2024年の旅行)」を英国の未来コンサルティング会社であるThe Future Laboratoryと共に作成致しました。このたび、その第一弾として「計画と予約編」を公開致します。




  当白書は、10年後の旅行者がどのように旅行を計画・予約し、旅行先での滞在を楽しむのかということについて、現在の技術の発展予測を中心に、各界の専門家の見解を交えながら、「計画と予約編」「旅行当日編」「旅行先とホテル編」の3編に分けてまとめています。

 今回公開する「計画と予約編」では、今後10年間で、旅行の計画とその予約方法がどのように変化するのかということについて、研究しています。

 毎年新たな技術が世界各地から誕生しています。これらの技術がどのように成長し、観光業の未来にどのような影響を与えるのか、スカイスキャナーは引き続き同研究を通じて未来を見通し、10年後に旅行者がどのような経験をするのかお伝えしていきます。「旅行当日編」「目的地とホテル編」は2014年内に発表予定です。

▼2024年の旅行「計画と予約編」の詳細はこちらよりご覧ください。

http://www.skyscanner2024.com

【 2024年の旅行「計画と予約編」の概要】

1. デジタル・トラベル・バディ(デジタル版の旅行のお供)
・ さまざまなウェアラブル技術や製品が既に市販化されており、メガネに取り付けられる網膜カメラや、コンタクトレンズへの装着が可能な微小回路も開発されているため、ウェアラブル機器は劇的に小型化する。

・ スマートデバイスを通じて自動的にユーザーのライフスタイルや健康ニーズをモニターする仕組みが存在するほか、GoogleやAmazonは解析データを通じてユーザーに適した製品を提案するサービスを提供している。

・ 人の質問を判別し適切な回答を行う音声認識システムが開発されており、3Dカメラなどの技術は2020年代には人の感情を察知するために利用される。

・ 以上から、2024年には個人の好みや行動スタイル、性別や家族構成などを熟知した人工知能(AI)を有する3Dホログラムイメージを有した、あるいはバーチャル環境でのeエージェントが存在するようになり、ウェアラブル機器などを通じて旅行ブローカーのように個人に合った旅先や旅程を提案し、ツアーガイドのようにその個人が好む旅先の情報について紹介したり、旅先で通訳してくれるようになる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング