「ウーマノミクス」を加速させる新サービス 日本初・ハイキャリア女性限定の会員制転職サービス「LiB(リブ)」 5月13日(火)グランドオープン

PR TIMES / 2014年5月13日 19時22分

株式会社LiB(リブ)(所在地:東京都渋谷区・代表取締役:松本 洋介)は、ハイキャリア女性限定の会員制転職支援サービス「LiB(リブ)」を2014年5月13日(火)にグランドオープンいたしました。



また、グランドオープンを記念して、5月13日(火)、株式会社ニトリホールディングスや株式会社サイバーエージェントといった大企業をはじめとした総勢6社合同「キャリア女性登用プロジェクト」発表イベントを実施いたしました。
「キャリア女性登用プロジェクト」発表イベント当日動画URL:http://youtu.be/HvExUgWdS24

■ ライフイベントに左右されず、正規雇用でキャリアを積み上げる女性を増やす

「LiB」は、女性ならではの多様な状況をコンサルティングできる厳選されたキャリアコンサルタントと、キャリアアップを目指し続ける女性をマッチングする、ハイキャリア女性に特化した転職支援サービスです。過去の最高到達年収が400万円以上のハイキャリア女性のみを対象とし、キャリアアップと時短勤務から次のキャリアを選べるというコンセプトは日本初*1となるものです。

内閣府男女共同参画局の『男女共同参画白書 平成25年版』によると、日本における就業者に占める女性割合は42.3%と、他国とほぼ均衡であるのに対し、管理職に占める女性割合は11.1%。この数字は、他国と比べても圧倒的に低い傾向にあり、国際的にみて日本のキャリア女性の活用は、大幅に遅れていると言わざるを得ない状況です。
一方、安倍政権は女性の社会進出を促進させ経済成長を目指す「ウーマノミクス」を本格的に始動。証券最大手の野村ホールディングスは、執行役員の真保智絵氏が2014年4月1日から、傘下の野村信託銀行社長を兼務し、女性初の銀行トップとなりました。また、三井住友銀行やみずほ銀行でも2014年4月1日付で、女性の執行役員が誕生。企業の女性登用は今後ますます活発化すると予想されます。

こうした社会的背景を受け、「LiB」は、ハイキャリア女性が年齢やライフイベントに合わせた正規雇用の働き方を選べる柔軟なキャリアを実現するサービスとして誕生。女性のキャリアの流動性を担保し企業間に競争原理を導入すること、また、女性キャリアのプロコンサルタントの量と質を兼ね備えたインフラとなることで、ハイキャリア女性の社会での活躍をサポートしてまいります。今後、「スマートフォンを活用したクラウド面談」などの機能も拡充してまいります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング