父の日、親子で観たい映像「父と子の感動物語」

PR TIMES / 2014年6月10日 17時31分

~20年前に福岡の田舎町で実際に起こった出来事~

Facebook、Twitter、LINEなどのソーシャルメディアで20代・30代を中心に「父の日に、親子で一緒に観たい」と口コミが起きて、2014年6月5日~6月6日の2日間で7万2352再生回数を記録したノンフィクションWEBムービー



映像の企画、制作、プロモーションを行う株式会社ドリームチェイサー(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:近嵐誠美)は、6年連続モンドセレクション金賞を受賞した株式会社燦樹「にんにく玉」のノンフィクションWEBムービーを制作いたしました。

▼「父と子の感動物語」:http://www.e-ninniku.jp/gift/

■父親の健康、親子関係は子供が守る
「父と子の感動物語」は、2014年6月15日の父の日に、良好な親子関係を維持するために、「ありがとう」を言葉、形にして伝えることを促すWEBページです。

親子の関係は歳を重ねるごとに疎遠になりがちです。父親に滅多に連絡しない方も多いと思います。ちょっとしたすれ違いが大きなわだかまりとなり確執を生む原因にもなります。いつまでも良好な親子関係を築くためには想いを言葉にして伝えることが大事です。

「にんにく玉」を製造、販売する株式会社燦樹、代表の山田様がお父様との関係が悪かったという背景もあることから、親子の関係を修復させるキッカケとなった「にんにく玉」に秘められた親子の物語に焦点をあてたノンフィクションWEBムービーを通じて、良好な親子関係を築くためには簡単に言えそうで言えない、たった5文字の「ありがとう」という言葉の大切さを感じることができます。

想いは想ってるだけでは伝わりません。想いは言葉、形にしなければ伝えることはできません。「ありがとう」という感謝の言葉と共に、「長生きして欲しい、健康でいて欲しい」というメッセージを込めた、粋なギフトを検討してみてはいかがでしょうか。

■WEBムービーの反響
Facebook、Twitter、LINEなどのソーシャルメディアで20代・30代を中心に「父の日に、親子で一緒に観たい」と口コミが起きて、WEBムービーが2014年6月5日~6月6日の2日間で7万2352再生回数を記録しました。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
「ブレーンオンラインビデオアワード」でファイナリストにノミネートされました。
▼BOVA:http://bova.sendenkaigi.com/client_work/
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング