マンガ・アニメコミュニティfunnelが世界初の「マンガ・アニメ特化型キュレーションメディア機能」を搭載

PR TIMES / 2014年8月12日 11時16分

ファンネル株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役:畑下 俊介)は2014年8月12日(火)、マンガ・アニメ特化型コミュニティプラットフォーム「funnel(ファンネル)」(http://thefunnel.jp/)にてユーザーがマンガ・アニメに関するまとめ記事を作成できる「キュレーションメディア機能」をリリースいたしました。これにより既存のfunnelのメイン機能である「ルーム(フロー型コンテンツ)」と新機能の「まとめ(ストック型コンテンツ)」を同一のサイト内に持つ「フロー・ストックハイブリッド型コミュニティプラットフォーム」という新しいWebプラットフォームの形になりました。今後funnelでは新しいWebサービスの形を模索し続けていきます。



■funnelとは
「funnel」は自分の好きなマンガやアニメなどの作品について、他のユーザーと議論をしたり、考察を深めたりしながらコミュニケーションができるサービスです。
マンガやアニメは個人の嗜好が顕著に現れるコンテンツであるにも関わらず、これまで同じ作品に興味があるユーザー同士がコミュニケーションをとれる場がありませんでした。ファンネル株式会社では「funnel」を通じてそういった場を提供し、日本のアニメ・マンガ産業の盛り上がりを更に後押ししていきます。

■キュレーションメディア機能とは
これまでブログやSNSや掲示板上に分散していたマンガ・アニメに関する考察・感想・意見を読みやすい形で整理して記事にすることのできるまとめ機能です。まとめ作成機能はユーザーに開放されており、誰でも簡単に作成できるようにしています。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング