2014年のキャッチフレーズは「話してみてください 悩んでいること」日本産業カウンセラー協会が全国62ヶ所で街頭活動を実施!

PR TIMES / 2014年8月22日 11時53分

~仕事・人間関係などさまざまな悩みに無料で電話対応する「働く人の電話相談室」を9月10日から3日間開設します。~

一般社団法人日本産業カウンセラー協会では、世界保健機関(WHO)が定める「世界自殺予防デー(9月10日)」にあわせて、「話してみてください 悩んでいること」のキャッチフレーズのもと、都内主要駅をはじめとする、全国62ヶ所の街頭において、「働く人の電話相談室」開設をお知らせするチラシ配布等を行います。
「働く人の電話相談室」(フリーダイヤル 0120-583-358)は、9月10日~12日の3日間開設し、さまざまな悩みをかかえる多くの働く方を対象に全国どこからでも無料で相談を受け付けます。




 一般社団法人日本産業カウンセラー協会(代表理事:河野慶三)では、日本労働組合総連合会(連合)の協力により、世界保健機関(WHO)が定める「世界自殺予防デー(9月10日)」にあわせて、「話してみてください 悩んでいること」のキャッチフレーズのもと、都内主要駅をはじめ、全国62ヶ所の街頭において、「働く人の電話相談室」開設をお知らせするチラシ配布等を行います。
 9月10日~12日の3日間、「働く人の電話相談室」を開設し、さまざまな悩みをかかえる多くの働く方を対象に全国どこからでも無料で相談を受け付けます。

「働く人の電話相談室」
   フリーダイヤル 0120-583-358 *通話料・相談料とも無料
            ※お近くの相談窓口にフリーダイヤルでつながります。
  開設期間:9月10日(水)、11日(木)、12日(金)の3日間
  受付時間:10:00 ~ 22:00
  主  催:一般社団法人 日本産業カウンセラー協会  http://www.counselor.or.jp/
  協  力:日本労働組合総連合会(連合)
  後  援:内閣府/厚生労働省/中央労働災害防止協会/独立行政法人 労働者健康福祉機構/
       公益社団法人 全国労働基準関係団体連合会/日本産業カウンセリング学会/
       日本産業精神保健学会/公益財団法人 産業医学振興財団

 「働く人の電話相談室」は、9 月10日(水)から12日(金)の3日間、午前10時から22時まで設置開設しており、通話料・相談料とも無料で利用していただくことができます。

 当協会の認定資格を持つ産業カウンセラーが朝10時から夜10時まで、仕事、人間関係、生活などのさまざまな悩みの相談を受け付け、対応します。
 ご本人はもちろん、ご家族やご友人など周りの方についても、また現在働いていない方でも、ご相談いただくことができます。
 現代を生きる私たちが抱えるさまざまな悩みごとは「まず誰かに相談することが、解決のための第一歩である」と、当協会では考えており、今年度は従来よりも対応する産業カウンセラーを増員し、雇用不安のなか職場の問題などで悩みを抱える相談者の方々に、専門的なケアが必要と判断される場合には、お住まいの近くの専門機関を紹介するなど、少しでも精神的な苦痛を和らげていただき豊かで安心した社会生活がおくれるよう、より具体的な支援を行ってまいります。

http://www.counselor.or.jp/


※「世界自殺予防デー」とは、WHO(世界保健機関)が定めたもので、日本では世界自殺予防デーにちなみ、9月10日~16日の1週間を「自殺予防週間」に設定し、国、地方公共団体、関係団体、民間団体等が連携して啓発活動を推進しています。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング